• TOP
  • 下手な鉄砲の撃ち方も大切

下手な鉄砲の撃ち方も大切

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は

「下手な鉄砲を打つ」

という機能について説明いたします。


僕も含めて、ビジネスを行っている経営者は結果や成果を求めます。
当然のことですよね。そうしないと売上、利益につながりません。
売上や利益と言った結果を求めて、その結果が出れば理想ですが、
僕も含めてすぐに結果には結びつかないことが多いと思います。

すると、僕も含めて経営初心者はすぐに凹んでしまい、次の挑戦をするのに、躊躇してしまい、

「どうせやったって…」

と言うようなマイナス思考に陥りがちです。少なくとも去年までの僕はそうでした。


しかし、それは目標設定自体が誤りであることを、去年独立した当初、僕が尊敬する経営コンサルタントの鮒谷さんに気付かせていただきました。

鮒谷さんのおっしゃる目標設定は(あくまで僕のたとえですが)、ビジネスは何人かで一斉に行うじゃんけんのようなもの。
いつかは勝てる勝負なので、諦めずにじゃんけんの手を出していくことが重要。
だからこそ、2度3度負けたところで、落ち込む必要はない。逆にじゃんけん自体をしないと絶対に勝てない。
そして、ビジネスはじゃんけんと違って、自分自身で創意工夫ができる。
そのために、単純に勝つ確率を高めることができる。

つまり、下手な鉄砲を撃つことで、絶対にビジネスで成功できる、と。


私たち税理士は、営業活動が苦手な人が少なくありません。
待ちのビジネスで、紹介に頼るだけ。
もちろん、紹介自体はとても良い営業活動の1つですが、その単なる「紹介」を「戦略的紹介システム」に昇華できるかが重要です。

もちろん、売上のみを追求するのは間違いですが、僕のビジョンを実現しようと思ったら影響力をもっともっと高めなければならない。
これは、税理士やコンサルタントだけでなく、他のビジネスであっても同じことが言えるのではないでしょうか。


そして、税理士である僕は、鉄砲を撃ち続けることも重要ですが、鉄砲の腕を磨くことも怠らずにおかないといけません。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.