• TOP
  • 「反省」はツール。反省する仕組みを持つことで、リターン を追求することができる!

「反省」はツール。反省する仕組みを持つことで、リターン を追求することができる!

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「毎日反省する」

という機能について説明いたします。


一日は、それを多く感じるか、少なく感じるかはともかく、すべての人に等しく24時間あります。

毎日86,400ドル振り込まれる不思議な銀行の話はあまりにも有名ですが、その86,400ドルをどう使うかは、その個人個人の自由であり、その時間の投資に応じてリターンが決まると思います。

この「リターン」は、単なる収入が多いか少ないかだけではありません。
収入の多寡だけではなく、仕事の質、名誉やそのほか希望・想定するすべてのリターンを指します。

言い換えれば、時間の投資の方法が違うから、リターンが異なって、その結果、満足できる結果であったり、そうでない結果になるんだと思います。


そのリターンを実現するために必要なのは、毎日の省察だと思います。
(何度も何度もメルマガで言っているのは、自分ができていない証拠ですね…)。

毎日、毎週、毎月想定するリターンと、実際のリターンとのギャップを確認して、その原因を探らなければ、24時間を有効に活用したとはいえません。


そして、それよりもさらに重要なのは、反省することよりも、毎日反省するための「仕組み」を持つことだと思います。
そこで、税理士とおつきあいする皆様は、その税理士がどこを目指そうとしているのか、
そしてその目指す方向に、資源を全力で投下しているかを確認することが重要だと思います。


そして、税理士である僕は、当然毎日反省する「仕組み」を持つだけではなく、その仕組みを水平展開することで、クライアントと一緒に成長できることが、同じ経営者としての才覚なのではないでしょうか。
それをビジネスにつなげることができたら、これほど嬉しいことはありません。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.