• TOP
  • やらせる<やってもらう<やりたくなる

やらせる<やってもらう<やりたくなる

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「やってもらう?」

という機能について説明いたします。


提出をお願いしている資料を、なかなか持ってきてくれないクライアントがいます。
何度も手を変え品を変えお願いしているので、提出しない結果、例えば延滞税などの不利益がクライアントにあったとしても、こちらが責められることはないはずです。

融資のお手伝いをする仕事は、クライアントに何か作業をお願いするのは、ある意味簡単です。
と言うのも、クライアント自身が融資を受けたくて依頼をしているので、お願いした作業や仕事は、正直すぐにしてくれるからです。
クライアントが僕から依頼された仕事をしなければ、融資の実行が遅れたり、最悪融資が行われない可能性も考えるからか、とっても早く送ってくれることが多いです。

税理士としての仕事は、対応が様々です。
もちろん、最初に説明したとおり、書類を依頼して、提出されない場合であっても、厳密に言うとこちらは困りません。
延滞税などの不利益はクライアントにありますし、僕にはなんら不利益がないからです。


以前働いていた会計事務所では、税理士の仕事をことを、「ティーチャー業」と言っていました。

これは、あくまで先生なので、一定の権威をもって業務にあたるべきだという意味もありましたが、それ以上に、クライアントにやらせることもティーチャーの仕事と捉えていたため、絶対にやらせなければならないというスタンスでした。

もちろん、やらなくても税理士サイドには問題はないのですが、それでも結果的にクライアントが困ります。
そのような自体は絶対に避けなければならないという考えだからだと思います。

僕は、この考え方に賛成です。


コミュニケーションと同じで、自分が言っただけであれば全く意味がなく、
相手に「伝わらなければ」意味がありません。

さらには、相手に伝わって、実際にやってもらわなければ、

「言ったのに、やらなかった相手が悪い」
と考えるのはまだ3流で、

「言っただけで、やらせなかった自分が悪い」
と、考えるべきだと思います。

税理士の仕事は、税金を計算して納めさせるという、ある意味後ろ向きとも捉えられかねない仕事もあります。
そこに意味を持たせて、また、お願いした仕事をやってもらわないとクライアント自身に不利益を被ることを理解していただいて、決まっている期限通りに実行してもらえるように、手を変え品を変えること自体も、税理士の仕事だと思います。

そこには、一定のテクニックもありますし、コミュニケーションのコツもありますが、結果、クライアントが不利益を被ったら、僕の責任だと考えて、本気になるべきですよね。


そして、税理士である僕は、やらせると言う上からのアプローチではなく、「やりたくなる」ように気付かせてあげるというスタンスで、クライアントに臨みたいと思います。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.