• TOP
  • ふるさと納税、控除上限を倍増へ

ふるさと納税、控除上限を倍増へ

ニュースレターの一部をご紹介します。

応援したい地方自治体に寄付すると税金が減額される「ふるさと納税」は平成28年度分以後の個人住民税について、減税対象となる寄付の上限額が住民税の1割から2割へと2倍に引き上げられます。

この制度では、自分が住む自治体に支払うべき税金の一部を、代わりに自分が選んだ自治体に寄付の形で支払うことができます。寄付額から「自己負担」として2千円を差し引いた分の税金が減る仕組みです。

寄付額から2千円引いた税金が減るだけであれば、(例えば福島県に)40,000円寄付したら、住民税が38,000円安くなるって、得しないのでは?と考えがちですが、私たちが巡回に行かせていただいているクライアントの皆様には、ことある毎に宣伝(?)しているのでご存じだとは思いますが、多くの市区町村の場合、寄付に応じた特典があります。
と言うことは、40,000円寄付して、その結果それ相当の特典をもらって、かつ税金が38,000円安くなるとしたら、ものすごくお得ですよね(^_^)。

改正により、夫婦と子供1人で年収400万円の世帯の場合、減税額は年2万円から4万円になる目安です。
また、手続きを簡素化する「ふるさと納税ワンストップ特例制度(この改正は平成27年4月1日以後に行われる寄付について適用)」も創設されます。自治体への控除申請を、寄付先の自治体が代行することにより、これまで確定申告が必要だったが、その手続きが不要になります。

と言うことは、確定申告の必要のない、サラリーマンの皆様がふるさと納税を活用するには、今年の4月1日以降に寄付した方が、手続が楽でいいってことですね。

ふるさと納税は平成20年に創設されてから、寄付総額は年々伸びており、総務省によると、25年度は130億円で21年度から約1・8倍に伸びています。今後、利用はますます増えるでしょう。ぜひご利用ください。
ちなみに私は昨年はふるさと納税をして、「大分の豊後牛&中津からあげセット」と「宇和島の真珠のネックレス」をもらいました。大体の所得がこれでわかってしまうと思いますが(;一_一)

S__3375106
写真は記事とは関係ありませんが、最近、ゴルフにはまってます。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.