• TOP
  • 批判を恐れず、未熟な人間が諦めない姿を見せることが気付く 力を育てる。

批判を恐れず、未熟な人間が諦めない姿を見せることが気付く 力を育てる。

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「気付く力」

という機能について説明いたします。


先日のコーチングでこんなやりとりがありました。

会社員である彼女は新たに管理職を任命されました。
しかし、彼女はこれまで部下をもったことがなく、また、周りの人がどういう仕事をしているのか意識した
ことがないために、どうやって「管理」したらいいのか迷っていました。

セッションの中で、様々な視点があったんですが、一番大切なのは、部下を管理するには「気付く力」が必要
だということでした。


気付く力を鍛えるには、いくつかのコツがあると思います。
それは、「好奇心」と「オープンマインド」です。


(1)相手や、会社に対する好奇心

まず第一に、周りに対して好奇心を持つことで、「なんでこの部下はそういう行動をするんだろう?」と
彼らの行動の根本にある考え方に興味を持って接する。
その考え方のことをビリーフとも言いますが、その根本原因に対して耳を傾けなかったら、管理者からしたら
「全く自分の考えと相容れない人」で終わってしまいます。
もちろんそれでも管理はできるかもしれませんが、相手のビリーフが明確になった方が管理しやすいと思い
ます。
管理というと聞こえが悪いですが、部下の行動を把握しやすいかもしれません。


(2)全ての批判を受け入れるオープンマインド

問題意識を持った上で、部下の批判を受け入れるマインドが必要です。
つまり、オープンマインドです。具体的に言うと、「他人(この場合は部下)に心を開いている状態」ですね。
いつまでも心を閉ざした状態だと部下も「こちらのことを信用していないのかな」「あんまり良い関係が築け
ないな」と思われてしまいます。
そのためにも、オープンマインドになることが重要。
相手との円滑なコミュニケーションを取れることによって仕事もスムーズに進めるようになります。


税理士である僕自身も、相手に否定されることを必要以上に恐れることなく、逆に成長のためのアドバイスだと
しっかり受け止められるようになることで、しっかりオープンマインドを心がけていきます。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.