• TOP
  • 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「悩むなんておこがましい」

という機能について説明いたします。


別に書いていたネタがあったんですが、自分の中でとても大きな気づきがあったので、テーマを変更してお送りしています。
昨日、クライアントの従業員の方との会食でのことです。
彼はとてもまじめで、今の仕事のやり方について悩んでいました。
もちろん僕は彼の仕事の専門家ではないので、個別具体的なアドバイスはできません。

そこで、僕が、悩みにぶつかったときにどう考えるか、そのスタンスについて、相手の許可をとったうえで
お伝えしました。


それは、このメルマガでも何度もお伝えしている、自分が悩んでいることなんて、既に人類の歴史上、
何百万人の人がぶつかってきた悩みで、そして同じだけの人が既に解決していること。
と言うことは、解決できない悩みなんてないはずで、悩む前にやり方を探した方が効率的だと。
さらには、解決方法なんて何百万通りあるんだと。

彼に一通り話して、

「とは言え、自分も同じように悩み事があるなー」

と考えていたのですが、ある考えに至りました。
それが、今日のタイトル「悩むなんておこがましい」です。


悩んでる自分を少し俯瞰して眺めたときに、彼(悩んでる自分)は既に歴史上の何百万人の人が解決した悩みを
自分だけの力で解決しようとしているんです。
しかも、オリジナルの方法で。
ただ、きっとその方法は、絶対に先輩方に発見されていて、既に実戦されている方法なんです。

にもかかわらず、それを自分の力で解決しようなんて、それこそ単なる暇つぶしです。
だって、ほんとに困ってるならやり方を探した方が手っ取り早い。
自分の悩みがオリジナルだなんて考える人は、それこそ何様なんだって、気付かされました。


税理士である自分は、逆に「悩む」場合は、深刻になることなく、人類初の解決方法、人類最速で解決すると
いう気概で、ワクワクしながら真剣に取り組みたいと思いました。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.