• TOP
  • 限界なんて、単なる思い込み。

限界なんて、単なる思い込み。

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「結局限界を決めてるのは自分だと改めて感じた件」

という機能について説明いたします。


あなたがもし会社を経営している経営者や、会社の営業マンだとしたら、20秒だけ考えてください。

今年の売上を、去年と比較して売上を3倍にすることができるとしたら、どういった方法がありますか?

もし、あなたが税理士やコンサルタントだとしたら、同じように20秒だけ考えてください。

次のクライアントへの提案を、これまでの最高の報酬の3倍にできるとしたら、どんな方法がありますか?


…20秒考えていただけましたか?

もしこれらの質問をしたときに、もしあなたが3倍にするなんて(ほんとは3倍か、それ以上にしたいにもかか
わらず、)今までそうできる方法を考えたことがなかったなら、もしかしたら、この質問を通してその可能性を
探ったかもしれません。

コーチングが最も協力にその成果を発揮するのは、これらの質問が、クライアントが今考えていることを
超えて、新しいことや広がった考え方ができるようにしているからです。


先ほどの質問、売上や報酬を一気に3倍にするなんて、多くの人は考えもしないでしょうし、考えたとしても
すぐに「普通無理だよね」と考えて、考えるのを辞めるというのが関の山だと思っています。

なぜこの話をするかというと、上の二つの質問は共に最近クライアントにした質問だからです。

2人とも、とっても優秀な経営者、コンサルタントなんですが、3倍に自分ができるとは思ってなくて、コーチ
である僕の質問に、本気でアイディア出しをしていらっしゃいました。

今回、最も大切な気づきは、僕は税理士でかつ経営者ですが、3倍にできるなんて僕自身も考えていません
でした。
もちろん、3倍にすることが必ずしも良いことだとは言えませんが、勝手に自分で制限をかけていることに、
改めて気付いたんです。
他人にはしっかり質問してるのに!です。

これって、タイトルにあるように、結局限界を決めてるのは自分ですよね。
これって、超強力なビリーフ(思い込み)だと思います。


税理士である僕は、この、「限界を決めてるのは自分」という感覚をしっかり理解した上で、なりたい自分から
逆算した理想を頑張って掲げていきます。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.