• TOP
  • 他人と比較してテンションを下げるのは、成長の機会放棄!

他人と比較してテンションを下げるのは、成長の機会放棄!

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「テンション低めの人」

というテーマについて説明いたします。


この間参加した連続セミナーで、講師の方から言われたことがとても印象に残りました。

その連続セミナーでは、多くの方が連続講座中に直接業績をアップさせていて、僕も他の人の成果を見ていて、少し焦っていました。
それにしても、世の中には信じられないくらいのスピードで成果を出される方がいらっしゃいますねσ(^_^;。


講師の方曰く、

「受講生の中で、テンション低めの方の共通点があるのを分かりますか?その方は、比べる相手を間違えている人です。」

さらに続きます。

「今、成果が出なくて悩んでテンションが低い人は、講師の私か、成果が出てる他の受講生と比べています。
もちろん、他の人と比較することでやる気が出る人はその力を使ったら良いんですが、そうでない場合は、
そんな人と比べる必要はありません。比べるのは、講座を受講する前の自分です。」


そうなんです。
このメルマガでも、この「過去の自分と比べる」というテーマは何度もお伝えしました。
「克己」という言葉も紹介したこともありますね。

そのとき、僕は、周りの受講生と比較はしていなかったんですが、ずばり、講師の方と比べていましたσ(^_^;。
当たり前ですが、受講中の段階で、講師の方と比較して凹む必要ないですよね。

逆に、実績を出している人と比較して、単に凹むだけなら簡単です。
それは、過去の自分と比較することを避けているだけとも取れますよね。


税理士である僕は、成長のチャンスを自ら放棄することなく、自省の念を込めてここに過去の自分と比較する
ことを改めて宣言いたします。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.