• TOP
  • 真の不労所得はあなたの心の持ちよう。

真の不労所得はあなたの心の持ちよう。

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「真の『不労所得』」

について説明いたします。


先日のコーチングでのやりとりです。
先輩のコンサルタントとのやり取りの中で、とても大切な気付きがありました。

あなたは、不労所得と聞くと、何を想像しますか?

不労所得という言葉をググってみると、
「不労所得とは、それを得るために労働する必要がない所得のこと。」
とあります。
この「労働する必要がない」って、働かなくてもいいって言うイメージ、ありませんか?
僕はありました。

しかし、実際の不労所得って、ちょっと違うんじゃないかって思ったんです。
例えば不動産収入のことを「不労所得」と呼ぶことがありますが、不動産収入だからといって、労働がないか
と言うと、僕はそうではないと思います。

僕のクライアントには不動産オーナーが何人かいますが、彼らを見ているととっても働いています。
例えば購入する物件の選定、1件の物件を購入するのに、何十件も物件を見ますよね。
書類上ではもっとかもしれません。

実際に物件を見に行く件数も多いと思います。
買ったら買ったで、入居者の管理も大変です。
税理士になってから気付いたんですが、家賃って払わない人、いるんですね(^^;)。
その人のために家賃の取り立てや、日常の管理も考えるとかなりの仕事があります。
もちろん管理会社に委託しているケースもありますが、そうすると利回りが当然下がりますよね。
銀行との交渉もありますし…。

これって、「不労」ですか?
絶対違いますよね。


翻って、僕の仕事を考えてみました。

活動ダイジェストにも書きましたが、今は北海道にいます。
でも、やってることって、本を読んで、アクションプランを練り直して、新しいメールセミナーの原稿を書いています(内緒)。
ぜんっぜんバケーションを楽しんでいないように見えます。
日常なんかもっとですよね。
土日もなく仕事してますから(あなたは活動ダイジェストをご覧になっているのでご存じだと思います)。

でも、こっちの方が、労働だと思っていない分、もしかしたら「不労所得」なのかもしれません(^-^)。
このことを、先輩コンサルタントとのやりとりを通じて感じました。


税理士である僕は、世の中に「真の不労所得」を得る人が、一人でも多く増えるように、このイメージをもっと
具体化させて、伝えていきたいです。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.