• TOP
  • 自分の時間があることに、感謝。

自分の時間があることに、感謝。

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「時間に感謝」

という機能について説明いたします。


本当は別のネタを用意していたのですが、とても考えさせられたお話がありました。かなりタイムリーなので
紹介させてください。

昨日から税理士の試験が始まりました。
税理士の試験に臨むためには、平日は2~3時間、休日は8~10時間ほぼ休まずに5~7年続けなければなりま
せん。
時間に直すと、7,500時間~12,000時間を費やして取得します。
しかも、これだけ費やしてもまだゴール(実はそこからがスタートなんですが、それはまた別の機会に)に
たどり着けない人もいます。

これだけ聞くと、「あべきはすごく勉強してすごいなー」みたいになるのですが、言いたいのはそこじゃ
ありません。

少し想像したら分かると思うんですが、例えば仕事をしなくても生活費が保証されていて、働かなくても
自分の分を他の誰かがやって
くれる状態があれば、この時間は確保できます。
そして、時間をかけたら資格試験は合格するもんなんだと思っています。

つまり、資格試験の一番の課題は、どうやってその時間を確保するかということに尽きると思います。
そこがないとそもそもスタートできません。

ということは、元々生まれもって経済的に裕福なために働かなくても自分や家族を養うことができる人以外は、
家族や会社の理解や支えがないと絶対に実現できないんです。
家族サービスをしなければならない。残業も休日出勤もある。その中でこれだけの時間を、「自分のための」
勉強に使うんです。

そういう意味で言うと、時間が使えることに本当に感謝し、そして、その結果取得できた資格を、どう周りに
貢献できるか、きれい事ではなく真剣に考えなければならないと感じました。


これは、経営者にも通じることがあります。
従業員に給与を払って働いてもらうのは、よくあるやりとりだと思います。
しかし、お給料を払っているとはいえ、働いてくれているからこそ、経営者は自分の好きなビジネスができる、
つまり自分の時間を買うことができているとも言えます。

長くなるので、明日に続きますね(^-^)


税理士である僕は、この時間を与えていただいていることに感謝し、そして、この感謝の気持ちをしっかりと
相手にも伝えていきたいと思います。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.