• TOP
  • 叶えたい目標の、さらにその先にゴールを設定する!

叶えたい目標の、さらにその先にゴールを設定する!

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「願いや夢が叶わない本当の理由」

という機能について説明いたします。


先日のコンサルティングの際のクライアントからの相談です。
彼は、長年の夢だった税理士に合格しました。そこで独立を果たしましたが、自分で満足のいく収入を得ること
ができずに悩んでいました。
税理士になったのはいいけれど、そこからビジネスを大きくできないでいて、実際顧問料の単価も安い。
ということは、結局プレッシャーがない分、これまでのように従業員として働いていたときの方がましと嘆いていました。

これって、一言で言うと、「税理士になること自体を目標にしていた」からこういう結果になっているんだと
思います。
そういう観点から言うと、彼が願った様になっているとも言えますね。


さらに、税理士になること自体を目標にすると、その目標が叶わないというデメリットもあります。

例えば、100メートル走を走るとき、100メートルの地点をめがけて走る人っていませんね。
普通は全力で、100メートル先のゴールテープの、さらに先まで全力疾走なはずです。
目線もその先を見ながら、走っていますよね。

これと同じで、税理士合格を目標にすると、その時点、つまり税理士合格に対してもいい結果が出ないことが
あります。
売上目標1億円って言ったら、9,000万円で止まるけれども、目標3億を掲げると1.5億円を達成したり。
野村さんも、こんな経験ありませんか?
今回の場合は、税理士合格という目標にはたどり着きましたが、もしかしたら、合格すらできなかったかもしれませんね。

結局、この、ゴールが達成したさらにその先をしっかりかつ「具体的に」見定めながら、その目標の先を目指し
ていたら、知らないうちに当初の目標は当たり前のように達成できている、そんな状態が理想ですね。


税理士である僕も、今叶えたい目標の、さらにその先を具体的にイメージしながら、勝手に当初の目標が叶う。
そのために、5年後日記を活用していきたいです。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.