• TOP
  • 全てのことには「肯定的な意図」がある。

全てのことには「肯定的な意図」がある。

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「変わらなくていい」

という機能について説明いたします。


先日のコーチングでのやりとりです。
士業で独立して活躍しているそのクライアントは、営業が苦手で、一定のところまで業績を伸ばすものの、
頭打ちの状態でした。
その状態を数年続けていて、このまま変わらないとずっとこのままだというぼんやりとした不安を感じていた
ようです。

はじめは、その不安や、やらなければならない「義務感」のようなものを話していたんですが、そこで、

「じゃぁ、変わらないでいるメリットがあるとすれば、どんなものがありますか?」

とお聞きしてみました。
その質問をされた後、びっくりしたような声を出して、しばらく沈黙の後、

「安心と、変わらない安定ですね」

と答えました。


あなたが無意識で起こす、一見ネガティブ(と自分で考えている)行動の中にも、何かしらのポジティブな目的が
あります。
NLPでは、全ての出来事には「肯定的意図」があると言われています。
無意識は、安心や安全を手に入れるために、ネガティブな行動や症状を「道具」として、活用しているん
ですね。

もっと言うと、NLPの考え方では、全てのリソースは、既に自分自身に備わっています。

つまり、今回の相談者を例に挙げると、本来なら積極的に営業活動を行うことは、やろうとしたらできるけれ
ども、営業活動をしないということに対する肯定的意図をしっかり理解して、そのメリットを得るために、
敢えて営業活動をやっていないと考えます。
その上で、両方のメリットデメリットを天秤に載せて、どちらを選ぶかを考えたら良いんですよね。


税理士である僕は、まずは自分自身がこの「肯定的意図」をしっかり意識して物事を冷静に捉えていくことを
見本として示していきたいです。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.