• TOP
  • リーダーはまず相手に奉仕し、その後相手を導く。

リーダーはまず相手に奉仕し、その後相手を導く。

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「サーバント・リーダーシップ」

という機能について説明いたします。


昨日、僕が所属する一般社団法人日本キャッシュフローコーチ協会で、神戸で強化研修会がありました。
この強化研修会では、実行委員長を務めさせていただいて、候補地に神戸として手を上げてから約半年間、
実行委員の方と一緒に研修会をつくってきました。

この研修会の企画・運営で、実行委員長として心がけたことは、たった1つのことでした。
それが今回のタイトルである、「サーバント・リーダーシップ」です。

優れた論文はいくつもありますので、興味のある人はしっかり読んでみて下さいね!

サーバント・リーダーシップ入門 | 金井 壽宏, 池田 守男 |本 | 通販 | Amazon
https://amzn.to/2NbRXNz

サーバントリーダーシップ | ロバート・K・グリーンリーフ, ラリー・C・スピアーズ, 金井壽宏,
金井真弓 |本 | 通販 | Amazon
https://amzn.to/2ztrFEu

奉仕するリーダーが成果を上げる! サーバント・リーダーシップ実践講座 | 真田茂人 |本 | 通販 | Amazon
https://amzn.to/2JhMse5

この言葉を知ったのは、友達が神大のMBAで研究していたことがきっかけです。
たしか、4~5年前だったと思います。

サーバントとは、ご存じの通り「召使い」ですね。
サーバントと、リーダーシップは何となく違和感のある言葉ですが、個人的に惹かれました。

サーバント・リーダーシップの象徴となるキーワードは、

(1)傾聴、(2)共感、(3)癒やし、(4)気付き、(5)納得、(6)概念化、(7)先見力、(8)執事役、
(9)人々の成長への関与、(10)コミュニティづくり

ですが、この中で僕自身が意識しようとしているのは、(5)納得、(8)執事役、(9)人々の成長への関与、
(10)コミュニティづくりの4点です。


ご存じの通り僕は小さな会社の代表をしています。

その中で、これらのサーバント・リーダーについて、意識してもなかなかできません。
しかし、日本キャッシュフローコーチ協会の中では、実現できるんです。
安心安全ポジティブな場の中では、しっかり機能していくことを、身をもって体験しました。

ということは、リーダーが適切な場作りに成功していると、サーバント・リーダーが機能するんです。


税理士である僕は、この「サーバント・リーダー」の要素を意識しながら、理想に忠実に、向かって
いきたいと思います!

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.