• TOP
  • 魅力は、作れる。

魅力は、作れる。

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「続:人が周りに寄ってくる魅力って何だろう?」

という機能について説明いたします。


昨日お伝えした「自然と周りに人が集まってくる魅力」を言語化してみます。

個人的には、この魅力が僕にあったらいいなと、心の底から感じます(>_<)。
そのためにも、まずは言語化するという作業が必要ですね!

<立ち居振る舞いがしっかりしている>

何より、見た目は大切ですね。
もちろん持って生まれたものはありますので、単なる「見た目」というよりも清潔感だと感じました。
細かな事ですが、爪が切り揃えてあったり、シャツの袖が汚れていないなどの最低限の身だしなみもそう
ですし、猫背であったり、そういった細かなところも「立ち振る舞い」に関係するのではないかと思いました。

そして、少し応用編だと思いますが、パーソナルスペースが適切だということも大切だと思います。
パーソナルスペースとは、「他人に近付かれると不快に感じる空間のこと」です。
やはり、人によっては必要以上に近寄って欲しくない距離感ってありますもんね。
さらに、物理的な距離もあれば、心理的な距離もあると思います。
このパーソナルスペースが適切だと、相手にとってその人が心地よいと思われますね。

<場を和ませるような雰囲気を持っている>

まさに、経営コンサルタントの和仁先生がおっしゃる「安心安全ポジティブな場」を体現している人です。
例えば、

「○○だからできません」

とネガティブな表現を使うのではなく、

「○○が解消したらできます」

と表現だとどうでしょうか。
もちろん上記の表現だと○○が解消したからといっても、他にできない理由があるのかもしれませんが、
やらないとその次のハードルが現れてきません。
ということは、「○○だからできません」という表現からは何も生みませんね。


税理士である僕は、まさに努力・執念・根性ではなく、自然と人が集まってくる魅力をしっかり言語化する
ことで、自分自身でも実践するだけでなく、クライアントにもしっかり伝えていきたいと思います。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.