• TOP
  • 「習慣の質を高め続ける」ための習慣(^-^)!

「習慣の質を高め続ける」ための習慣(^-^)!

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「人間は習慣の奴隷である」

という機能について説明いたします。


僕の一番好きな言葉は、

「人格は繰り返す行動の統計である。それ故に、優秀さは単発的な合同にあらず、習慣である。」

です。
この言葉を、偶然コンサルのクライアントから聞いて改めて考えさせられました。

ご存じの方も多いと思いますが、この言葉はスティーブン・コヴィーの「7つの習慣」に書かれていた言葉
です。
僕はこの言葉をはじめて聞いたのはシステムエンジニアのときなので、2000年でした。
ここからフランクリンプランナーにはまるんですけどね(^^;)。
この言葉は僕にとって衝撃的で、「習慣」についてものすごく意識し始めたのを覚えています。

もしかしたら、この言葉のおかげで僕は今システムエンジニアから税理士に転身し、そして今こうやって従業員
や、一流を常に目指すクライアントに囲まれ、ワクワクしながら素敵なビジネスを行うことができているのかもしれませんね!


さらに言うと、この習慣について、もう一つものすごく意識している言葉があります。
それは、

「人間は習慣の奴隷である」

です。
僕も含めて人間は、思っている以上に無意識に考え、行動していることが多いようです。
この割合は、一説によれば顕在意識(普段意識できる部分)が5%で、潜在意識(普段意識できない部分)が95%とも言われています。
諸説ありますが、それでもどれだけ多くても1割です。
ということは、本当に人間は、意識できない部分でほとんど動いていると言っても過言ではありません。
つまり、無意識の、習慣の奴隷というのは本当の感覚なんでしょうね。

そう考えると、僕たちができることはその潜在意識に対して抗うことで、顕在意識の割合を増やすと言った
荒唐無稽な努力をするのではなく、習慣の質を高める、それだけではなく、習慣の質を高め続けるということ
しかないですよね。


税理士である僕は、自分のため、そして周りの一流を目指す人のため、習慣の質を、今日より明日へ高め続けていきたいと思います。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.