• TOP
  • 本音を引き出すには、あり方もやり方も大切(^-^)。

本音を引き出すには、あり方もやり方も大切(^-^)。

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は

「相手の本音を引き出す」

という機能について説明いたします。


いきなりなんですけど、あなたが誰かの悩み相談に乗る上で大切なことは何だと思いますか?

僕は、税務巡回でも、コンサルティングでも、そしてコーチングでも本質は全く同じで、相手の問題を一緒に
解決をするうえで最も重要なことは、相手が本音で話せる環境をつくることだと思います。
当たり前ですけど、本音で話せる環境がないと、僕とクライアントの間に壁があったりして、クライアントの
本当の悩みが分からない。

そして、その相手が本音で話せる環境をつくるためには、僕自身のあり方として、相手を受け入れる体制を
整える。
さらには、僕自身が相手を受け入れているという態度をしっかり示す。

これって、税理士、コンサルタントとしてのテクニックの問題ではなく、まさに「あり方」の問題ですよね。
このあり方が定まっていれば、多少スキルが不足していたとしてもあり方で十分カバーできると思います。


税理士である僕は、これまで培ったノウハウを惜しみなく提供することで、僕自身のビジョンの実現を果たし
たいと思います。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.