• TOP
  • 成功も失敗も、全ては単なるフィードバック。それをどう捉えるか。

成功も失敗も、全ては単なるフィードバック。それをどう捉えるか。

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「フィードバックをどう捉えるか」

という機能について説明いたします。


「フィードバックを、相手からの”期待”と思えるようになりました」

僕のコーチングのクライアントが、あるセッションで仰っていた言葉です。

彼は一部上場のIT企業に勤める会社員です。
毎晩遅くまで仕事しているんですが、上司からことあるごとに小言を言われるようです。
そのせいで、彼はいちいち凹んでいたそうです。

すると、仕事にも身が入らず、結果、上司からの評価が悪くなっている(ように感じる)し…。
ということで、どんどん悪いスパイラルに入っていって、僕にコーチングを依頼することになったんです。

もしかしたら、みなさんにも経験あるかもしれませんね(^^;)。


先にお伝えしたように、彼は、コーチングのセッションを繰り返す中で、上司の小言は単に「フィードバック」だと捉えることが
できるのだと感じるようになりました。

フィードバックとは、少し専門的に言うと「相手が外界に向けて伝えていることを、その発信元である相手に返すプロセス」です。
ということは、その上司は単に彼にフィードバックをしていただけと捉えることもできますね。
もし、フィードバックと捉えることができたとしたら、このフィードバックによって、その後の発言や行動を修正したり、
また自信を持ってその言動を続けたりすることができます。

すると、このフィードバックをどう捉えるかというのも、それぞれの自由です。
「小言」と捉えることもできれば、冒頭の「期待」と捉えることもできます。

もちろん、期待と捉えるには努力が必要だと思いますが、それでももしそう捉えることができたら、自身に対する大きな
自信になりますね!


税理士である僕は、今後も、クライアントに自信を持ってもらうために関わっていきたいです!

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.