• TOP
  • 目指せ!安心安全ポジティブな自分!

目指せ!安心安全ポジティブな自分!

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「言葉と感情はセット」

という機能について説明いたします。


EMPでは、経営コンサルタントの和仁先生が提唱されている「安心・安全・ポジティブ」をクレドのバリューそのものに加えています。
それは、この「安心・安全・ポジティブ」な場を提供することが、周りのみんなの成長を促進させる土壌(プラットフォーム)になると考えているからです。
昨日のセミナーで、この「安心・安全・ポジティブ」を実現する4つの要素について改めて学びました。
もちろん、何度も同じことを学んでいるはずなんですが、果たしてしっかり実践できているかというとまだまだで、話を聞く度に
「あ!できてない!!」と反省しきりです。

そして、その1つが「言葉」です。
言葉には感情が伴います。
つまり、言葉を発すると自身の感情も相手に伝えてしまいます。

具体的には、

「あー、今日のお客さんいややなー」

と言葉を発した時点で、自分自身のネガティブな感情を、否応なしに相手に伝えてしまいます。

例えば、

「昨日すっごい嬉しいことあってん!きいてー」

と言うと、嬉しい感情を絶対に伝えてしまいますね。
たとえ嫌な顔をしていても、嬉しいことは伝わってしまいます。


なぜこのことを引き合いに出したかというと、少し前に、とっても嫌なことがあったんです。
いつもならこういった「嫌なこと」は、

「自分を成長させてくれる大切なツール」

と脳内変換するんですが、今回は残念ながら違いました。
むしろ逆で、

「ここまでやってこの結果なら、どうやって脳内変換するねん!!」

と憤っていたんです。

そのときにこのセミナー。
安心安全ポジティブな場を構成する要素を改めて昨日学んだことで、猛省しました。


税理士である僕は、今後絶対にネガティブな言葉を使いません。
ポジティブな感情をただ押しつけるような、暑苦しいことをするのではなく、相手がポジティブになってしまう「言葉」の使い方を意識します。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.