• TOP
  • 壁は死ぬまでなくならない。逃げるのではなく、越える。

壁は死ぬまでなくならない。逃げるのではなく、越える。

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「壁にぶつかった時のチャンス度合いが半端ない」

という機能について説明いたします。


先日のコンサルティングでの会話です。
そのクライアントから、

「最近壁だらけで、何をやってもうまくいかないんです。」

っていう話がありました。

そのクライアントはご自身曰く、コンサルティングを受けるまでなかなか新しいチャレンジをしていなかったんです。
今、売上が少しずつ減少していてそのことについて問題に感じ、自分が新しい分野に取り組むために、コンサルティングを受けたとのことです。
コンサルティングを受けた結果、最近壁だらけだと言うんです。

僕はそれを聞いて正直ニタニタしていました。
結局、

「それって、ちゃんと挑戦してるっていう証拠ですよね(・∀・)?」

この僕の話を聞いて、クライアントははっとしていました。

つまり、そのクライアントは自身で望んだとおりに新しいことにチャレンジし、そしてチャレンジしたからこそ新しい壁が出てきたんだと思います。
逆に、挑戦しようとしないと、その壁があることにすら気が付かなかったんです。
僕も、いつも壁だらけですが、無難に過ごしていたらそんな壁には遭遇しません。


最近、

「あべきさんは行動するスピードがめちゃくちゃ早いですよね。」

って本当によく言われるようになりました。

これって、PDCAをどんどん回してるだけです。
そうすると、成功の確率が格段に上がると思っていますが、それでも、どんどん新しい、大きな壁が立ちはだかります。
その時は必死でその壁を越えるためにあがいています。

しかしながら、この1年間を振り返ってみると、それらの壁をどんどん乗り越えていて、1年前には思いもよらなかった取り組みが多く成果をだしています。
そして、2年前に書き記していた今後5年間のビジョンマップでは想像もしていなかったビジネスがどんどん興っています。


税理士である僕も、壁の大きさには毎回本気で悩んではいますが、それでも「越えられない壁は現れない」という考え方を信じ、
まずは自分がやってみる必要があります。
「今日は頑張る」と、一日一日、まずは今日だけは、目の前の壁に本気で取り組んでいきたいと思います。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.