• TOP
  • クライアントから本当の意味で喜ばれる仕事をしよう

クライアントから本当の意味で喜ばれる仕事をしよう

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は

「みんな確定申告なんてできればやりたくないですよね?」

という機能について説明いたします。


税理士が行う業務っていろいろあると思うんですが、税理士法に規定する税理士業、特に税務代理と税務申告について
常々思っていることがあります(今回のメルマガではこの2つを「税理士業」と言うことにしますね)。

それは、

「クライアントは、税理士に申告の仕事を好きで頼んでいるわけではない」

ということです。
本来やりたい仕事ではないのに、どうも法律で決まっていて、やるのが億劫だから頼んでるに過ぎないんです。
だって、税務申告がしたくて独立したり開業したり、法人を設立する人いませんよね。
資金繰りがしたくて独立する人がいないのと同じです。


こう書くと、一部の税理士の先生の方から反論されることもあるかもしれませんので、念のために補足説明しておきます。
僕自身は、税理士業が大好きです。
だから、税理士業が好きな方の気持ちもある程度はわかるつもりです。
だからこそ、とても残念な事実ですが、それでもなお考えておかなければならないのは、

「クライアントは、申告なんてできればやりたくないし、頼みたくない」

ということです。
税理士に頼むのが嫌だというわけではありません。
申告しなくていいならしたくないという意味です。
それは、納税自体が嫌だという方も中にはいるかもしれませんし、もっと簡単に納税ができればそれに超したことはないはずです。


クライアントに価値を提供することを考えたときに、このような、「クライアントができればやりたくないことをしてあげること」が
価値だとすると、個人的には、それは税理士の価値を正しく伝えられてないのではないかと思います。
税理士である僕は、本当の意味での「税理士の価値」を正しくクライアントに伝えて貢献したいと思います。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.