• TOP
  • パクりではなく、系譜です(・∀・)。

パクりではなく、系譜です(・∀・)。

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「このメルマガは全部パクりです」

という機能について説明いたします。


開封率を少し狙って、少し刺激的なタイトルにしました(^^;)。
もちろん、内容は真面目です。

メルマガを書いていて、読んでいただいている方からよく感想をいただきます。
その中でも少なくない感想が、

「あべきさんは、本当に多くの角度からものを考えることができますね。」

です。
とっても嬉しいんですが、少し素直に喜べないことがあります。
僕自身が多くの角度からの視点を持ってるわけではなく、多くの本を読み、セミナーを受講し、コンサルティングを受けることで、
多くの視点を学んでいるだけなんです。

そうです。
僕は勉強はしているけれども、何も特別なスキルがあるわけではなく、オリジナルのコンテンツもありません。
そういう意味では、このメルマガは全部パクリと言えると思います。


そう考えると、薄っぺらく感じるかもしれません。しかし、このパクリには正当な理由があります。

まず第一に、そもそも世の中のコンサルティングや経営学の概念は、元を正せばどこかにたどり着くくらい、結局誰かのパクりです。

もっと言うと、学問の発展は根本の概念を拝借しながら論文を書き、そしてどんどん発展していくのが通常であって、いきなり突飛な論文は受け入れにくいです。
ということは、パクりの方が自然で、オリジナルなんてほとんどないということが言えると思います。

そして、そうやって先人の知恵を拝借することで、先人よりも素早く答えの一つにたどり着くことができます。
その上で、たどり着いた答えを活用して、クライアントや、自分自身に成果を出すことが僕の目的です。
また、クライアントにどの理論を適用するかどうか、そのアイディア自体も僕のオリジナルです。


ちなみに、何度も何度も紹介していますが、僕がかなり影響を受けているのは、アントレプレナーセンターの福島正伸先生、
セカンドステージの鮒谷周史先生と、ワニマネジメントコンサルティングの和仁達也先生です。

これらを、自身の体験に合わせてどう表現するか。
これが、弟子である自分の腕の見せ所です。そして、このことを、「知の系譜」と表現されていました。
もちろんこれも受け売りです(^_^;)。


税理士である僕は、正々堂々と知の系譜をすることでクライアントに信頼感をもたらし、そして成果を出していきたいと思います。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.