• TOP
  • みんな違って、みんな良い(*´з`)

みんな違って、みんな良い(*´з`)

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「パートナーとケンカすることで得られるもの」

という機能について説明いたします。


この間、クライアントと食事をしていたときのことです。
その社長が今僕と同じ42才なのですが、社長は、血の繋がっていない他人の方と共同代表として、もう15年近く一緒に仕事をしています。
社長はかなり大らかな人なんですが、もう一人の代表は逆に細かいです。
見た目も社長はラフな格好しているんですが、もう一人の代表の方はいつもスーツを着てかっちりしています。
つまり、かなり真逆なんです。
そして、ことあるごとにぶつかります(^^;)。

ちなみに、その時の食事でも会話の4割は愚痴です(・∀・)。


そこで、社長がなぜそのもう一人の代表の方となぜ15年も一緒に仕事をしているのか、聞いてみました。
すると、

「考え方が真逆なほうが、違う考えをあいつからもらえるので、人間が大きくなるから。逆にあいつの立場から言っても、
それがわかってるから俺と付き合ってるねん。そうしたら、お互い成長し続けられるやろ」

とのことでした。
考え方が違ったとして、むしろ考え方が違うからこそ常に刺激がもらえて、成長することができることが分かっている。
その目的がわかっているからこそ、いつもケンカしていても絶対に離れないんだそうです。

ちなみに、その日この質問をしてから、社長はそのもう一人の代表の愚痴を言わなくなりました(´ω`)。
社長が本当の目的を理解したんですね。


考え方が違うからこそ常に刺激がもらえて、成長することができますが、逆に考えが同じだと居心地は良いかもしれませんが、
お互いの成長がありません。


考え方が違う人と付き合うという意味では、従業員も同じです。

従業員だと立場がさらに異なるので、その立場の違う従業員とともに成長するには、共通する思いがなければなりません。
つまり、社長のビジョンが社内で共有されていれば、どれだけ立場が異なっていたとしても、そのせいでぶつかることがあったとしても、
目的がはっきりしているためその中でお互いが成長し続けるんだと思います。


税理士である僕も、チームでクライアントに対応することで多くのアイディアを活用し、しっかりクライアントの成功に
貢献していきたいと思います。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.