メイン画像

コンサルティング

実現可能な事業計画書を、クライアントと一緒に作成し、その事業計画書を元に融資を取り付けます。
さらには、実際に計画書通りにビジネスを行えるよう、Plan→Do→See→Actionのサイクルを、数字の面からサポートすることで、クライアントの「成功」のお手伝いが出来るように全力でサポートします。
EMPと言う言葉の由来に込めた、私の一番の使命であり、一番の私の強みです。

行政書士

税理士の領域だけではサポートできない、株式会社など法人の設立や、建設業や宅建業などの許認可の範疇、事業経営には必要不可欠な事業計画書の作成や融資の支援など、企業経営の周辺業務として重要な範疇のお手伝いをいたします。

税務・税務顧問

企業経営になくてはならない税務・会計の分野において、月々の試算表、決算書の作成から、法人税、所得税、消費税などの申告、そして年末調整などの業務についてもトータルでお手伝いいたします。 また、相続税の申告についても、行政書士とのダブルライセンスを活かし、相続税の申告だけでなく、戸籍謄本の収集、相続の手続きが発生する業務についても、一括で請け負います。

あべき 光司

あべき 光司

はじめまして。
私たちは、empowerant、つまり「力を与える人」という言葉に込められた思いを常に胸に抱き、日々クライアントのビジョン実現のお手伝いをしています。
全てのクライアントに対して、単なる税務顧問というおつきあいだけではなく、共に成長していくパートナーとしておつきあいができるのが私たちの望みです。
そういう意味で言うと、単に記帳代行だけお願い”だけ”できればよかったり、税務や社会保険の処理”だけ”お願いしたいと言うような方からすると、余計なお世話なのかもしれません。
しかしながら、私たちとのコミュニケーションを通して、お金の不安から解消されて、社長のやりたいことにフォーカスしたい!と言う方は是非お問い合わせ下さい。
なお、EMPはあべき光司の登録商標です。

    ]
  • 魅力は、作れる。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「続:人が周りに寄ってくる魅力って何だろう?」 という機能について説明いたします。 ■ 昨日お伝えした「自然と周りに人が集まってくる魅力」を言語化してみます。 個人的には、この魅力が僕にあったらいいなと、心の底から感じます(>_<)。 そのためにも、まずは言語化するという作業が必要ですね! <立ち居振る舞いがしっかりしている> 何より、見た目は大切ですね。 もちろん持って生まれたものはありますので、単なる「見た目」というよりも清潔感だと感じました。 細かな事ですが、爪が切り揃えてあったり、シャツの袖が汚れていないなどの最低限の身だしなみもそう ですし、猫背であったり、そういった細かなところも「立ち振る舞い」に関係するのではないかと思いました。 そして、少し応用編だと思いますが、パーソナルスペースが適切だということも大切だと思います。 パーソナルスペースとは、「他人に近付かれると不快に感じる空間のこと」です。 やはり、人によっては必要以上に近寄って欲しくない距離感ってありますもんね。 さらに、物理的な距離もあれば、心理的な距離もあると思います。 このパーソナルスペースが適切だと、相手にとってその人が心地よいと思われますね。 <場を和ませるような雰囲気を持っている> まさに、経営コンサルタントの和仁先生がおっしゃる「安心安全ポジティブな場」を体現している人です。 例えば、 「○○だからできません」 とネガティブな表現を使うのではなく、 「○○が解消したらできます」 と表現だとどうでしょうか。 もちろん上記の表現だと○○が解消したからといっても、他にできない理由があるのかもしれませんが、 やらないとその次のハードルが現れてきません。 ということは、「○○だからできません」という表現からは何も生みませんね。 ■ 税理士である僕は、まさに努力・執念・根性ではなく、自然と人が集まってくる魅力をしっかり言語化する ことで、自分自身でも実践するだけでなく、クライアントにもしっかり伝えていきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2018/07/06
  • 続きは明日(^-^)!
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「人が周りに寄ってくる魅力って何だろう?」 という機能について説明いたします。 ■ 先日、先輩コンサルタントと話をしている時に、1つのテーマとして考えさせられた内容です。 こちらから集客をしたり、わざわざ働きかけることなく、自然と周りに人が集まってくる魅力。 小手先のテクニックではないと思います。 明確な答えがあるわけではないのですが、その時に僕が考えた点について、いくつかあなたにお伝えしたいと 思います。 「魅力」というと、元々その人が持っていた資質のようなものになると思われがちですが、先輩と話をする 中で、これは言語化することで身につけられるのではないかということになりました。 <相手と同じ目線に立ちつつも、自分のビジョンを持っている> まず何よりも、自分というものをしっかり持っているということだと思います。 それがないと周りに阿るだけになります。 しかし、相手に押しつけるだけだとついてきてくれません。 このバランスも難しいですね。 この「相手に押しつける」というのも、考えさせられた表現です。 周りの人が「押しつけられた!」と思うということは、何より本人が体現していないんですね。 その人が伝えているビジョンとやっている行動が一致していないと、相手は押しつけられたと感じます。 さらには、相手と同じ目線に立って、同じ立場で伝えられている必要があります。 そうでないと、自分ではしっかりビジョンを語り、しっかり行動していても、相手からは近づきがたいと感じ られます。 少し長くなりそうなので、続きは次回に続けたいと思います(^-^) ■ 税理士である僕は、まさに努力・執念・根性ではなく、自然と人が集まってくる魅力をしっかり言語化すること で、自分自身でも実践するだけでなく、クライアントにもしっかり伝えていきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2018/07/05
  • 今週のザ・ムービー
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 今日アップしたYouTubeの動画の紹介 をさせていただきますね(^-^)! No.182 「舳先の方向を変える」 https://youtu.be/YLiyxXr-xwQ 今回は、2017年8月のメルマガから取り上げてみました。 「舳先の方向を変える」という感覚は、劇的に変わることではなく、あくまで自分の目指す方向が「ほんの 少し」変わることです。 しかし、舳先の角度がほんの少しでも変わった船は、日を追う毎にどんどん当初進もうとしていた方向からは 離れます。 当初の方向よりももっと素晴らしい方向に舳先を変えることができるなら、長い航海もより一層充実したものになりますね。 多くの人や本との出会いから影響を受けるだけでなく、自分が影響を与えられるフィールドで、相手の舳先の 角度をほんの少し変更できるような存在でありたいものです。
    • お知らせ
    • 2018/07/04
  • 場作りは、安心感で作る。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「場作りのコツ」 という機能について説明いたします。 ■ 活動ダイジェストにも書いたとおり、昨日は広島でセミナーをさせていただきました。 エイプリルフールからあたためていたネタだったのですが、実はアウェイな感じだったらどうしようか?! と、正直びびっていました。 広島の税理士の先生とジョイントでやったんですが、もちろん、聞いてくれてる方は全員広島の人。 僕一人だけ大阪弁丸出しです(´ー`)。 実際に始まってみると、皆さん本当にいい人ばかりで、ものっすごくやりやすかった。 全くアウェイ感を感じさせない、そういったセミナーでした。 ■ セミナーをやっていて1番意識するのは、この「場作り」です。 場ができていると、何をやってもうまくいきますし、逆も同じです。 何をやってもうまくいいません。 じゃあ、場を作るためには何ができるかと言うと、実は本当に単純なことだと、今日改めて気付かされました。 それは、「恥をかかせない」ということです。 和仁先生は、「安心・安全・ポジティブ」な場作りと話されていますが、それもこれも全部、ここに集約されると感じています。 そして、そのために必要なのは「前置き」による予定調和です。 逆のケースを想像して欲しいんですが、受講者にランダムに当てて答えさせていくセミナー、これって何のため に発言させるんでしょうか。 多分、講師からしたら間違っても良いから答えて欲しいとは思うでしょう。 でも、それってもしかしたら、単に講師の自己満足なのかもしれません。 ランダムに当てていくためには、まずは当てても、何を答えてもいいという場を作らなければなりませんよね。 今の僕にはかなりハードルが高いですσ(^_^; ■ 税理士である僕は、受講してくれた方みんなが満足度が高くなるように、場作りを意識していきたいです。
    • お知らせ
    • 2018/07/03
  • 材料20%で決断して、その責任を全て負うのが経営。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「決断、自己責任、決断…」 という機能について説明いたします。 ■ 先日、とても大きな決断をしました。 じきに、あなたにも直接か、もしくはこのメルマガを通してお伝えすることになると思います。 これまでも、何度も「経営は決断の連続だ!」みたいな偉そうなことをこのメルマガであなたにもお伝えして いましたが、これまでにない大きな決断で、自分にとって大きな負荷がかかる決断でした。 今も実際かなり負荷がかかってるんですが、今回はとびきりです(>_<)。 個人的な感覚ですが、優秀な経営者は、例えばランチに行ったとしても、メニューを決めるのに時間をかける人 はとても少ないように思います。 メニューを見たらすぐに決める。 逆に、なかなか決められない人もいますね。 決めたと思ったら、他の人のランチを見て、本気でその人のランチの方が良かったと後悔する人。 あなたの周りにもいませんか(^-^)? まぁ、僕も同じですけど。 ランチでメニューを決めるのに時間をかけないのには、いくつか理由があると思います。 なにより、決めることが多すぎてそんなことで悩んでられへん! っていうのが本音かもしれませんね。激しく同意です(^^;) ■ いえ、前向きに捉えると、そういう人は常日頃から「決める」スピードを早めるトレーニングをしてるんだと 思います。 もしくは、そういうトレーニングをしているから、結果として早い。 合理的な判断を、いわば瞬時に行う。 そうすることで、ビジネス上でなかなか決断できないような事柄であっても、あくまで自分の責任において結論 を出すことができるんだと思います。 経営において、100%の判断材料が目の前に揃っていれば、誰でも正しい決断ができます。 しかし、そういったことは現実にはあり得ないと思っています。僕の実感では、判断材料は20%もあれば良い方です。 その中で経営者は残り80%を自分の決意で代替しているんだと思います。 ■ 税理士である僕も、経営者であるクライアントの立場に立って、この自己責任で決断するというトレーニング を、しっかり積んでおきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2018/07/02
  • 弱い自分も含めて周りに示す。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「長男なんで頼れない」 という機能について説明いたします。 ■ どうも僕はお願い下手だと最近特に感じます。 そして、そう感じているときに、先日弟とたまたま話しているときにさらにそういう話題になりました。 ちなみに、14才年下の弟はなかなかどうして、うまく周りに頼ることができます(本当に羨ましいです(^-^))。 僕がお願い下手なのは、長男だからかというのは本当はよく分かりません。 もちろん、長男であってもうまく周りに頼ることができる人もいますし、その逆もいるはずです。 つまり、長男だからどうだとか末っ子だからどうだとかいうことは関係ないですね。 ■ 頼れないことを下手だと考えることとは逆の考え方もあります。 「自立することも絶対に大切。人に頼ることなんてするべきではない。」 自立している人間同士が切磋琢磨するような関係でなければ、いい人間関係は築けないように思います。 ただ、自分で分かっていて書いているのですが、これは前提が違うので反証になっていません。 人に頼ることと自立することは両立するはずなんです。 「自立していると見られたい」「自立している人間でありたい」という気持ちは誰にでもあると思っています。 もちろん、僕も同じです。 だから頼れないんだと頭では理解しています。 そして、さらに自身を分析すると、それはきっと、 「自分の弱さを知られたくないから」 という考え方が根底にあるのだと感じています。 僕自身のセルフイメージが低いんですよね。 ■ しかし、税理士である僕は、"無理に"自立しようとする自分、つまり弱い自分を受け入れ、しっかり他の人に 「頼る」ことで、また一歩成長していきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2018/07/01
  • しっかりお金を増やす思考でクライアントに貢献する。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「お金を使う順番」 という機能について説明いたします。 ■ 投資と消費の違いについてどれくらい意識していますか? 一流の経営者は、この投資と消費の違いにものすごく敏感です。 逆に、会社員の多くや、まだまだ独立したての起業家は、この違いを意識できていないように感じます。 これを、先日後輩との話の中で改めて気付かされました。 ■ 起業してしっかり成果を出している人は、どのように考えているのでしょうか? 消費と投資の、ビジネスにおける最大の違いは、最初に「お金をもらう」か「お金を先に出す」という考え方にあると思います。 この消費と投資の違いとは、お金に関して 「お金(仕事)をもらう→使う→なくなる」 という考え方です。これが消費ですね。 しかし、投資は逆です。 投資は、お金を増やすための支出ですから、 「お金を先に出す→増やす→増えた分を使う」 という考え方ができます。 すると、理論上絶対に減りません。 むしろ増え続けます。 起業した人は、この切替がうまくいくかどうかで、成功するかどうかが決まるんだと思います。 もちろん、一生会社員としてキャリアを構築していくなら、今のままでいいと思います。 稼いだ分の範囲内で消費していけば良いのですから、その給与を守れば良いだけです。 しかし、独立しても同じままの考え方を続けていると、売上が増えませんね。 どちらがいいと言うことではありませんが、ビジネスを大きくしていこうとする経営者には、この投資の 考え方は必須だと強く感じます。 ■ と同時に、税理士である僕は、同時に経営者でもあることをしっかり意識して、この投資の考え方で行動して いきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2018/06/30
  • 正当性は、相手から感じてもらうもの。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「お前が言うな!」 という機能について説明いたします。 ■ 最近、「正当性」と言うキーワードが僕の中でのホットキーワードです。 ちなみに、ネットで正当性を調べると、 「法律や社会通念からいって理にかなっていると認められる状態であること。」 とあります。 この言葉も和仁達也先生から教わった考え方ですが、この正当性という言葉、これまでも言葉としては普通に 存在しますし、意味も分かります。 しかし、この言葉の大切さを感じられたことはありませんでした。 これを、一言で言うと、 「お前が言うか?!」 です。 つまり、僕が誰かに対して何かをするためには、それをするための「正当性」が必要です。 例えば、僕があなたに対して、何かお願いをするとします。 あなたがそのお願いに対して「お前が言うか?!」と思われたら、そのお願いは聞いてくれる可能性が 下がりますね。 例えば、僕があなたに対して、何かアドバイスをするとします。 あなたがそのアドバイスに対して、「お前が言うか?!」と思うとすると、きっとそのアドバイスは受け 入れて実行する可能性もかなり下がります。 もしそのアドバイスが、本当にあなたにとって有用であったとしても、僕が言ったためにむしろ実行する 気にならないこともありますね。 これらは、全てあなたに対して、僕がそのお願いやアドバイスをする、「正当性」がないんです。 しかもこの正当性は、こちらが主張するのではなく、相手にその正当性を感じてもらっていなければなり ません。 つまり自分でやってる!自分には正当性がある!とかではだめで、相手からちゃんと正当性を感じてもらえる 状態じゃないとだめなんです。 ■ 税理士である僕は、あなたにこの「正当性」をしっかり感じてもらえるため、日々の行動にしっかり意識して いきたいです。
    • お知らせ
    • 2018/06/29
  • 今週のザ・ムービー
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 今日アップしたYouTubeの動画の紹介 をさせていただきますね(^-^)! No.188 「沈黙に応える」 https://youtu.be/NStMJeqwJc0 今回は、2017年9月のメルマガから取り上げてみました。 沈黙のもつ役割について考えたことはありますか? コーチの役割で考えると、クライアントの思考を促進させることです。 ですので、沈黙が生じたときは沈黙が起こっている理由を理解することが大切です。 ほかにも沈黙の効果は意外と多くあり、相手をリラックスさせたり、フィードバックの手段としても有効です。 沈黙をただ恐れるのではなく、沈黙の効果をあらかじめ心に留めておくことで、沈黙から何かの気づきを 得たり、自身と向き合うためのツールとして活用できるようになりたいものです!
    • お知らせ
    • 2018/06/28
  • 相手にとっての貢献は、オーダーメイド。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は 「独りよがりでない貢献」 という機能について説明いたします。 ■ 昨日、打ち合わせの中ですごく考えさせられたことがあります。 それは、「他者への貢献」についてです。 EMPのミッションは、 「一流を目指す人に力を与える」 です。 力を与えることで他者に貢献する。 これまでは何も考えずにこの他者貢献については疑いませんでした。 最近の出来事で、この僕の貢献欲について、いろいろ考える機会がありました。 僕が積極的に相手に働きかけることが、相手にとっては迷惑になるかもしれないということです。 つまり、そういう人にとっては、“今は”僕が離れることが、相手にとっての間接的ではあるけれども、貢献に なると言えます。 そして、また相手が求めてきたときに積極的に関与してあげればいいんだと思います。 ただ、僕が離れることで直接的な不利益があることがわかっているのに、相手が聞く耳を持たないからと 言って、こちらから離れることが本当に貢献なのか、真剣に迷っています。 ここで頭をよぎるのが、少し例えが悪いかもしれませんが、新興宗教の勧誘です。 友達を“救う”という目的で、本当は間違った教えにもかかわらず、友達のためを思って半強制的に入信させる。 これは逆効果ですよね。 つまり、先に挙げた「直接的な不利益」は、単に僕の主観でしかないのかもしれないんです。 じゃあ、どうしたら相手にとって一番いいのか、それは結局、人によって、場合によって全て異なるんです よね。 答えはまだ出ているわけではありません。 きっと、考え続けることが唯一の答えなんだと思っています。 ■ そして、税理士である僕は、相手がどの選択をしても応えられるようにしておく必要があるのではないかと思いました。
    • お知らせ
    • 2018/06/27
  • 大切なことは、心に刻む。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 僕は既に卒業しましたが、僕ら税理士の毎年のイベントである税理士試験まで2ヶ月を切りました。 僕の事務所でも今年も税理士試験や診断士の試験に挑戦するメンバーもいます。 今回は、勉強法についてではありませんが、勉強にも当てはまるのではないかと思ったので、「記憶」について 僕の考えを書きたいと思います。 税理士の試験勉強には、税法の丸暗記が必要不可欠です。 まるあんきです。 これは経験したことある人には激しく共感してくれると思うのですが、なかなかの苦行です。 この苦行を乗り越えた人だけが税理士になれるのですが、この苦行に、僕は結局最後まで意味を見いだせませんでした(^^;)。 試験に合格したとき、(これも多くの経験者は共感してくれると思いますが)合格の喜びというよりも、苦行から の開放感の方がとても大きかったのを覚えています。 ■ 全ての情報は、脳の海馬という部位に一旦記憶されます。 そして、その海馬が、その記憶が自分自身にとって有用だと判断したら、大脳新皮質の「側頭葉」という別の 場所に長期記憶として保存するようになります。 しかし、有用だと判断することができなければ、この短期記憶は、すぐに失われてしまいます。 そのため、短期記憶と長期記憶とでは、記憶される場所が異なるんですね。 ここで言う、「有用」という意味は脳にとっては、大きく2種類あります。 1つは、何度も何度も繰り返し現れるもの。 これは、「何度も出てくるってことは、これは大切なんだ」と脳が騙されるからです。 だからこそ、何度も何度も復習することで覚えることができるんですね。 もう一つ、こちらの方が大切だと思いますが、それは、「感情を伴う記憶」です。 例えば、脈絡のない数字であっても、「3.11」のような数字は、日本人なら余計にあなたの記憶に、 感情を伴って覚えているんじゃないでしょうか。 これを別の表現で言うと、 脳で記憶しようとすると、脳で記憶したことは忘れるが、心で記憶したことは忘れない。 と言ったことになるでしょうか。 これって、クライアントに対する想いや、ビジョンについても同じことが言えますよね。 頭で覚えると言うことではなく、感情を伴ってしっかり心に刻み込む。 これができると、絶対に忘れませんし、同じ感情になったときにも引出しから出てきます。 ■ 税理士である僕も、クライアントのビジネスに対する想いをしっかり心に刻んで、しっかり共有していきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2018/06/26
  • 人生の階段では踊り場も必要です。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「ちょうどいい階段」 という機能について説明いたします。 ■ 階段の段差(正確には蹴上というらしいです!)って、何センチが妥当ですか? 建築基準法では、住宅の場合は230mm以下と決まっているようです(^_^)v この階段の蹴上の高さが妥当かどうかは、背の高さや、足腰の強さによって変わってきますね。 もちろん同じ人であっても、昨日と今日と、もしくは朝と夕方であっても、元気がちがいますので、日によって は朝は元気で上ったのに、夕方は事務所に戻るのがしんどいとか、そういったことはよくあると思います。 この段差が大きければ、一段で上がれる高さは大きくなりますが、一段一段に負荷がかかります。 逆にこの段差が小さければ、一段一段の負荷は低いですが、上がれる高さは低くなるので、上の階に上がるのに 結果的に時間がかかりますね。 つまり、どちらが良いとかそう言うことではなく、一長一短、それぞれあるって、そういう感じです。 ■ 少し大きな話になりますが、経営や、人生も、階段に例えられることがありますね。 では、あなたの人生における蹴上の高さは、"今は"どれくらいが適当でしょうか。 さらにいうと、経営を階段に例えるとき、1人で上がれる蹴上の高さと2人で上がれる蹴上の高さは、僕の 個人的な感覚では単純に2倍ではないと考えています。 むしろ、二人だと一人の時よりも幅は低くなることもありえます。 逆に、うまくチームが機能すると、2人、3人で5倍、10倍の高さの階段を上ることも可能です。 あなたはそんな経験ありませんか(^-^)? しかし、階段で1番大切なのは、「踏み外さないこと」ですよね(^-^) ■ 税理士である僕は、蹴上の高さがどの高さであっても、しっかり踏み外すことなく、一段一段丁寧に上って いきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2018/06/25
Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.