メイン画像

コンサルティング

実現可能な事業計画書を、クライアントと一緒に作成し、その事業計画書を元に融資を取り付けます。
さらには、実際に計画書通りにビジネスを行えるよう、Plan→Do→See→Actionのサイクルを、数字の面からサポートすることで、クライアントの「成功」のお手伝いが出来るように全力でサポートします。
EMPと言う言葉の由来に込めた、私の一番の使命であり、一番の私の強みです。

行政書士

税理士の領域だけではサポートできない、株式会社など法人の設立や、建設業や宅建業などの許認可の範疇、事業経営には必要不可欠な事業計画書の作成や融資の支援など、企業経営の周辺業務として重要な範疇のお手伝いをいたします。

税務・税務顧問

企業経営になくてはならない税務・会計の分野において、月々の試算表、決算書の作成から、法人税、所得税、消費税などの申告、そして年末調整などの業務についてもトータルでお手伝いいたします。 また、相続税の申告についても、行政書士とのダブルライセンスを活かし、相続税の申告だけでなく、戸籍謄本の収集、相続の手続きが発生する業務についても、一括で請け負います。

あべき 光司

あべき 光司

はじめまして。
私たちは、empowerant、つまり「力を与える人」という言葉に込められた思いを常に胸に抱き、日々クライアントのビジョン実現のお手伝いをしています。
全てのクライアントに対して、単なる税務顧問というおつきあいだけではなく、共に成長していくパートナーとしておつきあいができるのが私たちの望みです。
そういう意味で言うと、単に記帳代行だけお願い”だけ”できればよかったり、税務や社会保険の処理”だけ”お願いしたいと言うような方からすると、余計なお世話なのかもしれません。
しかしながら、私たちとのコミュニケーションを通して、お金の不安から解消されて、社長のやりたいことにフォーカスしたい!と言う方は是非お問い合わせ下さい。
なお、EMPはあべき光司の登録商標です。

    ]
  • リーダーはまず相手に奉仕し、その後相手を導く。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「サーバント・リーダーシップ」 という機能について説明いたします。 ■ 昨日、僕が所属する一般社団法人日本キャッシュフローコーチ協会で、神戸で強化研修会がありました。 この強化研修会では、実行委員長を務めさせていただいて、候補地に神戸として手を上げてから約半年間、 実行委員の方と一緒に研修会をつくってきました。 この研修会の企画・運営で、実行委員長として心がけたことは、たった1つのことでした。 それが今回のタイトルである、「サーバント・リーダーシップ」です。 優れた論文はいくつもありますので、興味のある人はしっかり読んでみて下さいね! サーバント・リーダーシップ入門 | 金井 壽宏, 池田 守男 |本 | 通販 | Amazon https://amzn.to/2NbRXNz サーバントリーダーシップ | ロバート・K・グリーンリーフ, ラリー・C・スピアーズ, 金井壽宏, 金井真弓 |本 | 通販 | Amazon https://amzn.to/2ztrFEu 奉仕するリーダーが成果を上げる! サーバント・リーダーシップ実践講座 | 真田茂人 |本 | 通販 | Amazon https://amzn.to/2JhMse5 この言葉を知ったのは、友達が神大のMBAで研究していたことがきっかけです。 たしか、4~5年前だったと思います。 サーバントとは、ご存じの通り「召使い」ですね。 サーバントと、リーダーシップは何となく違和感のある言葉ですが、個人的に惹かれました。 サーバント・リーダーシップの象徴となるキーワードは、 (1)傾聴、(2)共感、(3)癒やし、(4)気付き、(5)納得、(6)概念化、(7)先見力、(8)執事役、 (9)人々の成長への関与、(10)コミュニティづくり ですが、この中で僕自身が意識しようとしているのは、(5)納得、(8)執事役、(9)人々の成長への関与、 (10)コミュニティづくりの4点です。 ■ ご存じの通り僕は小さな会社の代表をしています。 その中で、これらのサーバント・リーダーについて、意識してもなかなかできません。 しかし、日本キャッシュフローコーチ協会の中では、実現できるんです。 安心安全ポジティブな場の中では、しっかり機能していくことを、身をもって体験しました。 ということは、リーダーが適切な場作りに成功していると、サーバント・リーダーが機能するんです。 ■ 税理士である僕は、この「サーバント・リーダー」の要素を意識しながら、理想に忠実に、向かって いきたいと思います!
    • 未分類
    • 2018/07/20
  • コンサルタントが変えるのは、どこまでも人。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「コンサルタントは会社を変えることができるか?」 という機能について説明いたします。 ■ 知り合いのコンサルタントと議論になった話題です。 一見するとわかりやすいテーマですが、深い内容なのであなたも考えて下さい。 「コンサルタントが、クライアントの会社を良くする」 「コンサルタントが、クライアントの会社を変える」 この考え方は、普通に考えると正しいように感じます。 僕も昔はコンサルタントが会社を変えるんだ。よくするんだと考えていました。 ただ、僕の尊敬するコンサルタントの福島正伸先生から学んでいくうちに、「この考え方はGoodなのかも しれないが、Betterではない」ことを痛感させられました。 もちろん、会社が変わらないことには、コンサルタントとして成果が出ていませんが、会社が変わった としても、コンサルタントが変えたのであれば意味がないと、福島先生は話していました。 ■ つまり、会社はコンサルタントが変えるのではなく、あくまでその会社の社長や社員が変える。 そうしないと、結局その会社はいつまで経ってもコンサルタントがいないとだめな会社になってしまいますね。 逆にコンサルタントは、社長をはじめ、社員全員が、自分の会社を変えることができると信じ、そして実際に 変える見本を示すことによって会社のお手伝いをすることがコンサルタントの仕事であって、コンサルタント 自身が会社を変えてしまったら、それはもはやコンサルタントの会社になってしまいます。 結局のところ、本当のコンサルタントは、自らが成長する姿勢をクライアントに見せ続けることで、クライ アント社長に良い影響を与え、手本になり、そして成長を促す。 つまり人を育てることがコンサルタントの仕事なんだなと痛感しました。 ■ 税理士である僕は、クライアントの手本になるだけではなく、まずは手本となれば社長が変わることを 「信じる」ことを忘れてはいけないと思います。
    • 未分類
    • 2018/07/19
  • 目指せ、Hello Worldの精神!
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「Hello World!」 という機能について説明いたします。 ■ 先日僕がシステムの修正を行っていると、(本当にACCESSで実際に開発してたんです(^^;))、 クライアントと昔のシステム開発談義 になりました。 Hello World!という言葉をご存じでしょうか。 僕がその昔、Perl、PHP、Java、JavaScript、VB、VBAを学び始めるとき、環境を整えて最初に実行させるプログラミングが、
    PHP Test Hello World

    '; ?>

    このような、画面に、「Hello World」と表示させるだけのプログラムでした。 当時は、何も意識せずに使っていたのですが、今考えるとこれは、新しい言語を学び始めようとして、 その環境が整い、一気に新しい世界が開けた状態なのではないでしょうか。 逆にその言語の世界からすると、僕自身を受け入れてくれているような、そんな言葉だったと思います。 僕は、この受け入れてくれるような感覚、いわば安心安全ポジティブな場作りを、今まさに日本キャッシュ フローコーチ協会で感じています。 この安心安全ポジティブな場作りを、今度は僕自身が事務所、クライアント先でしっかり作っていきたいと、 改めて感じました。 このHello World!の精神で迎え入れてくれた感覚を、例えば新しく入ってくる社員、新しくお付き合いする クライアント、そして、今後お付き合いがなくなるクライアントに実感してもらえるように、いつでもオープン マインドであることで、10,000人の成功に少しずつ近づくのではないかと思いました。 ■ 税理士である僕は、Hello World!な場ではない場所にいたとしても、別のところでは確かにそんな場がある ことを意識して、安心安全ポジティブな場作りを行っていきたいと思います。
    • 未分類
    • 2018/07/18
  • 自分の当たり前にしっかり気付く。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「言っても伝わらないこと。それは前提が違う」 という機能について説明いたします。 ■ もちろん僕自身がコミュニケーションについてとても大切に感じているからということもありますが、最近、 本当にコミュニケーションの大切さについて、痛感させられる出来事が多くあります。 あなたも、「どうも相手と話がかみ合わないな?!」「相手の言ってること、思ってることが良く理解でき ない!」ということってないですか? 僕はあります。あ、あくまでたまにですよ(^^;)! そんな時、僕と相手の「前提」が違うと、NLPでは教わります。 そしてNLPではこの前提のことをビリーフと言います。 つまり、僕たちが世界を見るときの、価値観のさらに前提みたいなものです。 とまぁ、えらい難しいことを言いましたが、大概こんな言葉がでると、それはその人のビリーフです。 「普通は~するでしょう!」 「人は誰でも~すべきです!」 例えば、 Aさん「日本人たるもの、謙虚であるべきです。あまり自慢をすべきではない」 Bさん「楽をして稼いではならない。お金は額に汗かいて手に入れるべきです」 こういったビリーフがあると、 Cさん「日本人ももっと自分を前面に出すべき」 Dさん「お金を稼ぐことは人に価値を提供すること」 というビリーフの人とは話が合いません。 こうやって活字にすると至極当然のことだと思いますよね。 ■ 大切なのは、これらのビリーフは、当人にとっては「当たり前」なので、わざわざ相手にその前提を伝えないということです。 だから話をややこしくさせます。 ■ 税理士である僕は、相手の言っていることが理解できない!と思う前に、相手がそう考える前提、その前に 自分が考える前提をしっかり見つめていきたいです。
    • 未分類
    • 2018/07/17
  • 理念は浸透させてなんぼ!
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「ビジョンは記憶できない」 という機能について説明いたします。 ■ 理念という言葉、あなたも聞いたことがあると思いますし、あなたの会社でもホームページにしっかり掲げ られているのではないでしょうか。 もちろん、理念を掲げるにはとても大切ですが、個人的にはそれよりも大切なことがあると思います。 それは、「浸透」させることです。 極端に言ったら、掲げることは誰でもできます。 ■ 現在僕は、理念を策定させ、そして浸透させるコンサルティングを行っていますが、この「浸透」の大切さを 学んだのは、尊敬するコンサルタントの生岡さんが教えている連続講座でした。 僕は、生岡さんが初めて行う連続講座だと言うことで、(極端に言うと)内容を考えずに申し込んだんですが、 思った以上に内容も濃く、この講座の中で理念を掲げることの大切さ、そして理念を浸透させることの覚悟、 そしてその歓びを学びました。 ■ 理念について、多くの経営者が意識していないことに、 「理念は記憶できない」 という事があります。 理念は、言葉としてシンプルかもしれません。 例えばEMPのビジョンは、 「10,000人の成功のお手伝いをする」 です。 しかし、この言葉に含まれる情報はものすごく多く、一言では説明できません。 掲げる立場にある経営者は、常に"浸透させる"という意識でビジョンと向き合わないと絶対に従業員や取引先 など、周りの人には伝わりません。 例えば、朝礼で毎朝唱和するだけでは、文言以外の情報が周りに伝わっていかないのです。 そういう意味では、そのビジョンをどうやって浸透させるか、その具体的な方法が分かっていないと、結局 伝わりませんね。 僕がその方法を学んだ、生岡さんの講座、理念実現コンサルティング実践習得講座が、9月に大阪で開講され ます。 あなたがコンサルタントであれば、クライアントの理念浸透に対する真摯な想いにどうやって向き合うべきか、 この講座でしっかりと身につけることができます。 あなたが事業経営者であれば、自身の会社の理念をどうやって策定、浸透すべきかについて、具体的な方法を 身につけることができます。 理念実現コンサルティング 習得実践講座 生岡 直人 パートナリング株式会社【理念と経営数値の専門家】 https://partnering-consulting.info ■ 税理士である僕は、一人でも多くの人がこの「理念の浸透」について本気になることで、さらに多くの人の成功 のをしていきたいと思います。
    • 未分類
    • 2018/07/16
  • 今週のザ・ムービー
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 今日アップしたYouTubeの動画の紹介 をさせていただきますね(^-^)! No.359 「従業員が見ている」 https://youtu.be/ZtmbitX_Zyo 今回は、2018年5月のメルマガから取り上げてみました。 社長になると、人の上に立つことで多くの人を見ることができると思いがちですが、それ以上に、人から見られる機会がものすごく多 くなります。 しかし、それは社長に限定したことではないですね。 私たちも、日々クライアントの方々と接することで、クライアントから見られています。 もっと言うと、誰も見ていないときでも、自分は自分を見ています。 もちろん日々の中でコンディションが良い日もあれば悪い日もありますが(だって人間だもの)、 『言葉と行動が一致しているか』 という点に少し意識をおくことで、言動のズレを修正していけるのではないでしょうか。 それを成長の種にして、進化しつづけたいなと思います。
    • 未分類
    • 2018/07/15
  • 期待は応えるのではなく、超えるもの!
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「期待は応えるものではなく…」 という機能について説明いたします。 ■ 活動ダイジェストにも書いたように、昨日は福島正伸先生の超人気コンサルタント養成講座でした。 ご存じの方もいらっしゃると思いますが、僕、このセミナーは3回目なんです。ほぼ同じことを聞いてるんです(^^;) でも、同じことを何回聞いても、オチが分かっていても感動し、元気になります。 ↑これって、関西で言うとまるで吉本新喜劇のネタみたいなもんですよね?! 今回、福島先生のセミナーのコンテンツももちろん感動したんですが、それよりもものすごく嬉しかったのが、 僕がこのメルマガで告知をさせてもらったら、なんと10人もの方がいらっしゃったことです。 そのうちの一人は、面識のない北陸の方もいらっしゃったりして、それって、僕の思いがしっかり伝わったん じゃないかと思って、ものすごく嬉しかったです。 この場をお借りして、改めて感謝します!ありがとうございました! ■ 福島先生のセミナーを何度も聞くと感じることがあります。 それは、福島先生のコンテンツは、僕の期待に応えるレベルではなく、その期待を超えているという感覚です。 というのも、先にも言ったとおり福島先生のコンテンツは、何度も聞いたことがあります。 暴走族の話や、電車の中での話し、商工会でのセミナーの話など、このタイトルを聞いただけでどんなことを 言うかが分かってしまいます(実際に聞いたことのある人は、タイトルを聞いたらそうそう!ネタばかり ですね!)。 しかも、音声データを何度も何度も復習しているので、ライブ以外でも何度も聞いています。 にもかかわらず、昨日も感動して、さらには自分の出来ていない部分がクローズアップされて、とても悔しい 思いをしました。 今このメルマガを書いているときでも、思い出してジーンとなります。 もちろんメルマガ書きながら、今も音声データを聞いてます。 ■ 税理士である僕も、あなたの期待には、応えるのではなく超えるレベルで対応する。このスタンスで臨んで いきたいと思います。
    • 未分類
    • 2018/07/14
  • 殻を破るのではなく、破りたいと思わせる!
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「そったく」 という機能について説明いたします。 ■ コンサルタントと情報交換をしていて、このような質問がありました。 「クライアントにどれだけ働きかけても、一向にやる気になってくれません。 あべきさんはどのようにクライアントと関わってはりますか?」 僕なりの回答として、「そったく」があります。 ■ あなたは「そったく」という言葉を知っていますか? 漢字では、「?啄」と書きます。 広辞苑には「?」は鶏の卵がかえるとき殻の中で雛がつつく音、「啄」は母鶏が外から殻をかみ破ること、 と書かれています。 卵の中の雛は、身体の準備が整い殻を割ろうとするタイミングで母鶏が外から殻をつつき、雛がスムーズに 外の世界に出てこられるように手伝います。 想像してもらうと分かると思いますが、雛がまだつつこうとしていないのに、フライング気味に親鳥が先に つついて殻を破ってしまっては雛は誕生しません。 逆に言うと、親鳥と雛のタイミングが合って初めて、雛がスムーズに生まれるという意味ですね。 早すぎてもダメ、遅すぎてもダメ…。これって、コンサルタントとクライアントの関係でも同じことが言えると思います。 つまり、クライアントがやろうとするタイミングでコンサルタントが寄り添いながらサポートする。 そのタイミングが大事なんだと思います。 そして、そのタイミングは、雛の「孵りたい」という意思から始まるんだと思います。 ということは、こちらから無理に殻を破ろうとしても、クライアントの成果には結びつきませんね。 ■ 税理士である僕は、クライアントが殻を割るために外からせっつくのではなく、クライアントが成長したいと 感じられる環境を作らなければならないと思いました。
    • 未分類
    • 2018/07/13
  • 体が資本、元気が基本。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「元気が基本」 という機能について説明いたします。 ■ 40才の時にようやく人間ドックに行き、初めて胃カメラを飲みました(^^;)。 豆乳バナナジュースは足かけ15年、4年前からほぼ毎朝R-1を飲んでいます。 仕事ばっかりしている割には、不摂生の割に、健康には気を遣っています。 僕たちスモールビジネスの経営者は、自分自身でほぼ全ての利益を生み出していることが多いです。 以前何度も読み返した、金持ち父さん貧乏父さんのキャッシュフロー・クワドラントで言うところの、 Sクワドラント(Self Employee:自営業者)です。 この状態は、金持ち父さん的には従業員と変わりません。 改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる(単行本) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4480864253/vespa100-22/ ■ ここでの問題は、従業員の立場と変わらないことが問題なのではなく、「この状態を良としているのかどうか」という点だと思います。 僕は、この状態はそこまで悪いと思っていません。 もちろん、現在の段階での話ですし、この状態が10年続くとは思っていませんし、1年ごとにどんどん次の ステージに進むよう努力はしています。 そのために、毎月アクションプランを見直し、先日もお伝えした通り5年後日記を大活用して、しっかりと 本来あるべき姿を目指し、そして目指し続けています。 ■ 話題休閑。(あくまで今は!)ほぼ自営業者である僕は、以前滋養強壮ドリンクのCMにあったように、 「身体が資本、元気が基本」 です。 ■ 税理士だけでなく、もちろん誰しもが言えることですが、最高のパフォーマンスを上げるためには、仕事を こなしたり、人に会ったり、勉強して仕入を行うよりも第一に、体を万全の体制に保つということですよね!
    • 未分類
    • 2018/07/12
  • 相手が見ているもの(=自分)を変えるのが1番手っ取り早い。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「相手を変えるのに最も効果的な方法」 という機能について説明いたします。 ■ 先日のコンサルの際に出た話題です。 その社長は、従業員の言動がなかなか受け入れられないでいました。 そして、彼に対して、なだめたり賺したりしながら、必死でなんとか彼を変えようと頑張っていたんですが、 一向にこちらのいうことを聞いてくれません。 あなたにも、そんな経験ありませんか? いつまで経っても自分のいうことを聞いてくれない従業員、何度言っても同じことを繰り返す子どもや旦那 さん、もしくは奥さんもそうかもしれませんね。 自分のためにならないことが分かってても、同じことを繰り返すクライアント。 そういう人をあなたから見るとうんざりしますよね。 そういう経験ありませんか? ■ その時に、相手を変えるのに最も効果的な方法があります。 もう想像がつくと思います。それは、「自分が変わる」です。 自己啓発本ではよく言われますよね。 これをうまく説明する考え方が2つあります。 ■ 一つ目は、「投影」と言う考え方です。 投影とは、簡単に言うと自分の内面を相手に重ねて見る事です。 よくトマトの例を挙げますが、僕はトマトがあまり得意ではありません。 しかし、トマトを見ておいしそうに感じる人も多くいます。 ということは、「トマト自身」が悪いのではなく、「トマトを苦手に思う僕」が悪いんですよね。 これは、人間に対しても全く同じことが言えます。 例えば、同じ人が同じことを言っても、あなた自身が気分が良ければ受け入れられることも、落ち込んで いたり、体調が悪かったりすると、凹んだり、腹が立ったりすることってないですか? つまり相手は何も変わってないのにそれを受け入れる自分が変わっているんですね。 ■ もう一つはもっと簡単で、相手を変えようと思ったら、相手は自分自身はなかなか見えません。 見えるのは、「相手が見ているもの」つまり、自分を変えたら良いんです。 そう考えると、具体的な方策が見つかると思います。 ■ 税理士である僕は、自分自身がまず手本になって、相手に先んじて変わることをしっかり意識していきます。
    • 未分類
    • 2018/07/11
  • 5年後も良いけど、もちろん今もいい!
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「5年後はいいが、今もいい!」 という機能について説明いたします。 ■ 何度か紹介させていただいている5年後日記ですが、先日から申請していた商標登録ですが、ようやく登録 出来ました! これからも、しっかりこのツールを活用しながら、1万人の成功のお手伝いをしていきたいと思います。 先日、コーチングの中でこの5年後日記について話題に上がったので、多くの方にも当てはまると思います ので、シェアさせて下さい。 5年後日記は、目指す5年後のあなたがどんなものかを、毎日確認しながらどんどん将来の自分を明確に しながら、目指す自分に近づいていくというツールです。 この5年後日記を続けていらっしゃるクライアントから、こんな質問がありました。 「5年後日記を続けることで、目指す自分が明確になるのはスゴく実感できます。でも、『今』をどう考えたら良いですか?」 ■ 僕が学んでいるNLPでは、以下の考え方があります。 「人は常に、現在可能な最善をつくしている」 ところで、この言葉を聞いて、野村さんはどう思われましたか? (そういえば、この考え方を知ったのはもう12年前でした) そんなことはないで!とか、確かにそうやんね!など、人により捉え方は変わります。 しかし、NLPでは、人は常に現在できうる最善の選択をしていると教えてくれます。 もちろん、求められる成果から考えるともしかしたら異なるかもしれません。 その上で大切なのは、常にその人にとっての能力、思考、限界、思い込みなどの範囲の中で、最善の選択を しているということなんです。 例えば、行動したいのに行動できない場合であっても、その人自身が一番もどかしいですよね。 そして、その人の中で必死にもがいているのかもしれません。 傷つかないように、今まで通りのパターンで諦めるという選択をしているかもしれませんね。 ということは、そのパターンを意識しているかどうかは分かりませんが(多くは意識してないと思います)が、 その中でしっかり最善をつくしていることが分かるのではないでしょうか。 ■ 税理士である僕は、今をしっかり認めた上で、あなたの5年後を一緒に描くお手伝いをしていきたいです。
    • 未分類
    • 2018/07/10
  • 今週のザ・ムービー
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 今日アップしたYouTubeの動画の紹介 をさせていただきますね(^-^)! No.299 「主体的と利己的」 https://youtu.be/iau_JoyFrNo 今回は、2018年2月のメルマガから取り上げてみました。 主体的とは「自分の意志や判断で行動するということ」、そして、利己的とは「自分の利益だけを追求する こと」と考えられます。 本来、両者は意味が異なるはずですが、主体的に振舞った結果、時として利己的な行動になってしまっている ケースもありますね。 どちらか一方がいい/悪いという話ではなく、自分がとった行動について、それが「主体的」なものか、 もしくは単に「利己的」なだけのものなのかを認識できるような心の余裕を持ちつつ、主体的にアクションを 起こしていけたら良いですね。
    • 未分類
    • 2018/07/09
Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.