メイン画像

コンサルティング

実現可能な事業計画書を、クライアントと一緒に作成し、その事業計画書を元に融資を取り付けます。
さらには、実際に計画書通りにビジネスを行えるよう、Plan→Do→See→Actionのサイクルを、数字の面からサポートすることで、クライアントの「成功」のお手伝いが出来るように全力でサポートします。
EMPと言う言葉の由来に込めた、私の一番の使命であり、一番の私の強みです。

行政書士

税理士の領域だけではサポートできない、株式会社など法人の設立や、建設業や宅建業などの許認可の範疇、事業経営には必要不可欠な事業計画書の作成や融資の支援など、企業経営の周辺業務として重要な範疇のお手伝いをいたします。

税務・税務顧問

企業経営になくてはならない税務・会計の分野において、月々の試算表、決算書の作成から、法人税、所得税、消費税などの申告、そして年末調整などの業務についてもトータルでお手伝いいたします。 また、相続税の申告についても、行政書士とのダブルライセンスを活かし、相続税の申告だけでなく、戸籍謄本の収集、相続の手続きが発生する業務についても、一括で請け負います。

あべき 光司

あべき 光司

はじめまして。
私たちは、empowerant、つまり「力を与える人」という言葉に込められた思いを常に胸に抱き、日々クライアントのビジョン実現のお手伝いをしています。
全てのクライアントに対して、単なる税務顧問というおつきあいだけではなく、共に成長していくパートナーとしておつきあいができるのが私たちの望みです。
そういう意味で言うと、単に記帳代行だけお願い”だけ”できればよかったり、税務や社会保険の処理”だけ”お願いしたいと言うような方からすると、余計なお世話なのかもしれません。
しかしながら、私たちとのコミュニケーションを通して、お金の不安から解消されて、社長のやりたいことにフォーカスしたい!と言う方は是非お問い合わせ下さい。
なお、EMPはあべき光司の登録商標です。

    ]
  • 本気で理念を浸透させる。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「続々:時間に感謝」 という機能について説明いたします。 ■ 昨日、一昨日の続きになりますが、今日は少し趣が違います。 昨日、一昨日と時間があることに感謝。そして、経営者の立場では、命がけで来てくれる従業員に感謝しようと 自省したところまでです(今も深く反省してます(^^;))。 もしあなたが経営者であれば、さらに従業員に対してやっておいた方が良いこと、いえ、むしろやらなければ ならないことがあります。 それは、 「彼らが何に命をかけているか」 です。 このシリーズ、命をかけるといった重い表現が続きますが、まぁ、それは極端な例として考えて気楽に聞いて 下さいね。 従業員の方が、命を削って自分のビジネスを手伝ってくれていると、僕たち経営者がしっかり実感したと しますね。 そこに対して、しっかり感謝できたとします。 すると、経営者は、果たして自分がどこに向かっているか、どこに向かおうとしているかを、相手が納得いく までつたえる義務があると思うんです。 ここで例に挙げるのは不適切かもしれませんが、少し、特攻作戦で説明させてください。 例えばあの当時、特攻の志願を募るときに、中途半端な日本の未来を語って、志願させるなんて不可能だった はずです。 彼らが征った後、日本がどうなるか、そして逆に征かなかったらどうなるか、もしかしたらある種の洗脳の ような方法を使ってでも、志願を募るんだと思います。 ■ 何度も言うように、先の例はものすごく極端ですが、経営者である僕たちは従業員に対して、本気で感謝すると 同時に、何のために彼らが働いているか、その意味をしっかり伝えなければならないと思っています。 そして、その働く意味こそが、会社の「理念」だと思います。 ■ 税理士である僕は、クライアントの理念を明確にし、そして、少しでも従業員などのステークホルダーへ浸透 するお手伝いをしていきます。
    • お知らせ
    • 2018/08/12
  • 従業員が、命をかけて働いてくれることに感謝。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「続:時間に感謝」 という機能について説明いたします。 ■ 昨日の話の続きです。 昨日は、税理士試験を受けることができるということは、本人の努力だけではなく周りの協力が必要である こと。 そしてこれは、経営者に対しても共通して言えることがある。 それは、経営者は、お金を払って従業員に仕事をしてもらう。つまり、お金を払って自分の時間を買っていると いうところまでお伝えしました。 もしあなたが経営者であれば、ここについてしっかり想像してみて下さい。 以前もこのメルマガでお伝えしたことがあると思いますが、これを従業員の立場で考えると、会社で働くという ことは、自分の時間を売ってお金をもらうということです。 つまり、自分の命を削ってお金に換えているとも言えますね。 極端な言い方ですが、あながち言い過ぎではないと思っています。 この感覚を経営者が理解していないと、従業員に対して、愚痴がでます。 経営者は、基本的に自分のビジネスをしているので、自分のビジネスに自分の時間を、つまり命をかけるのは 厭わないですよね。 僕も、休みなく仕事してても好きなことをやっているので何の苦労もありません。 しかし、従業員は、経営者の、つまり他人のために命を使ってるんです。 この感覚を理解できたら、経営者が従業員に対して愚痴なんかでるはずがないと思います。 …と、このメルマガで言い切ることで、自分に言い聞かせています(>_<)。 もちろん僕も人間なんで、色々思う時もありますよね。でも、根本は忘れてはいけないと思います。 ■ 税理士である僕は、改めて従業員に対して感謝するだけではなく、そして、この感謝の気持ちをしっかりと 伝えていきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2018/08/11
  • 自分の時間があることに、感謝。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「時間に感謝」 という機能について説明いたします。 ■ 本当は別のネタを用意していたのですが、とても考えさせられたお話がありました。かなりタイムリーなので 紹介させてください。 昨日から税理士の試験が始まりました。 税理士の試験に臨むためには、平日は2~3時間、休日は8~10時間ほぼ休まずに5~7年続けなければなりま せん。 時間に直すと、7,500時間~12,000時間を費やして取得します。 しかも、これだけ費やしてもまだゴール(実はそこからがスタートなんですが、それはまた別の機会に)に たどり着けない人もいます。 これだけ聞くと、「あべきはすごく勉強してすごいなー」みたいになるのですが、言いたいのはそこじゃ ありません。 少し想像したら分かると思うんですが、例えば仕事をしなくても生活費が保証されていて、働かなくても 自分の分を他の誰かがやって くれる状態があれば、この時間は確保できます。 そして、時間をかけたら資格試験は合格するもんなんだと思っています。 つまり、資格試験の一番の課題は、どうやってその時間を確保するかということに尽きると思います。 そこがないとそもそもスタートできません。 ということは、元々生まれもって経済的に裕福なために働かなくても自分や家族を養うことができる人以外は、 家族や会社の理解や支えがないと絶対に実現できないんです。 家族サービスをしなければならない。残業も休日出勤もある。その中でこれだけの時間を、「自分のための」 勉強に使うんです。 そういう意味で言うと、時間が使えることに本当に感謝し、そして、その結果取得できた資格を、どう周りに 貢献できるか、きれい事ではなく真剣に考えなければならないと感じました。 ■ これは、経営者にも通じることがあります。 従業員に給与を払って働いてもらうのは、よくあるやりとりだと思います。 しかし、お給料を払っているとはいえ、働いてくれているからこそ、経営者は自分の好きなビジネスができる、 つまり自分の時間を買うことができているとも言えます。 長くなるので、明日に続きますね(^-^) ■ 税理士である僕は、この時間を与えていただいていることに感謝し、そして、この感謝の気持ちをしっかりと 相手にも伝えていきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2018/08/10
  • 焦らずに、しなやかな自分を作っていく。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「しなやかな強さ」 という機能について説明いたします。 ■ 改めてお聞きしますが、あなたが「しなやか」と聞いてどういうものを想像しますか? 僕は、しなやかと聞いて、柳の枝を想像しました。 なぜこの話をするかというと、先日オンラインミーティングの中で、いつもおなじみの和仁先生から、 「しなやかな強さ」という言葉を聞いたんです。 僕は、この「しなやかな強さ」という言葉を聞いて、先日読んだ本を思い出しました。 福澤諭吉 しなやかな日本精神 (PHP新書) | 小浜 逸郎 |本 | 通販 | Amazon https://amzn.to/2Kr29jn 著者はこの本の中で、日本精神について、 「核心部分を変えずに融通無碍に他のよいところを取り込んでしまう『しなやかな日本精神』」 と表現されていました。 つまり、しなやかとは、「核心部分を変えずに融通無碍に他のよいところを取り込んでしまう様子」を指すん ですね。 この言葉を見たときに、僕は、2つのことを考えさせられました。 一つ目は、「変わることのない核心部分があること」です。 誰にも迎合しない、阿ねることもない、自身のこだわりの部分が「しなやか」には必要です。 自分自身のこだわり部分がないと、全く自分がない人でしかありませんもんね。 次に、「融通無碍に取り込むのは他のよいところ」という点です。 融通無碍、つまり、考え方や行動にとらわれるところがなく、自由である(デジタル大辞林)ように、 積極的に周りのよいところを取り込むことで、自身の中で大小の核融合が起こっていき、より多くの人への 貢献ができるようになるのではないかと思いました。 ■ 税理士である僕は、あくまで自身の核心部分を持ちつつ、その周りで核融合がもっともっと起こるように なるためにも、多くの人と接点を持っていきたいと思いました。
    • お知らせ
    • 2018/08/09
  • エコとエゴは、どちらも大事。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「未来にWANTは必要か?」 という機能について説明いたします。 ■ 先日のコーチングでのやりとりです。 彼はビジネスを興して既に15年。 以前のビジネスは後進に譲り、自身でまた新しいことを始められています。 前回とはまったく新しいビジネスをされていて、これも3年で大きくビジネスを展開されています。 しかし、ご自身のコーチングのテーマは、 「自分が何でビジネスをしているか、わからない」 でした。 僕の立場からすると、お仕事は順調で既に1つのビジネスを売り抜け、さらに始めたビジネスすら順調で、 めちゃくちゃ羨ましくてたまりませんが、もちろん、クライアント本人からしたら、深刻な問題です。 さらにクライアントは続けました。 「今、自分のビジネスは順調だけれども、ビジネスには波があるはず。 業績が悪くなったときに、自身にWANTがないとうまくいかない。」 ■ たしかに、自分の欲求があると、ビジネスを回す大きなエンジンになると思います。 しかし、欲求だけだと短期的なエンジンにはなりますが、長期的にはそれ”だけ”では途中でガス欠を起こして しまいます。 クライアント曰く、その欲求がないために、先行き不安だということでしたが、そこで、クライアントに 対して、前回ビジネスを売却したときのことを振り返っていただきました。 しっかりその当時のことを味わっていただくと、ビジネスがうまくいかなくても、逆にビジネスがうまく いってるときでもどんどんビジネスを進めることができたんです。 その時に、大切にしていたのは、 「信頼できる人」 でした。 自分が儲かろうが儲かるまいが、しんどくてもなんでも、その人のために、自分ができることを一生懸命 やっていたと。 そこにはやっぱり、自分の欲求やWANTはなかったことに気付いたんです。 最後に、その彼はしっかり腹落ちして、今の「信頼できる人」に対してしっかりビジネスを行おうと、 改めて決意されました(^-^)。 ■ 税理士である僕も、エコとエゴの両輪をうまく活用しながら、クライアントのビジョン実現のお手伝いを していきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2018/08/08
  • 今週のザ・ムービー
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 今日アップしたYouTubeの動画の紹介 をさせていただきますね(^-^)! No.350 「プロ野球ペナントレースと会社経営の違い」 https://youtu.be/cgSTWPb2V3I 今回は、2018年5月のメルマガから取り上げてみました。 阪神の今年のチームスローガンは 「執念 Tiger Change 2018」です。 私は某球団のファンなのですが、毎年のファン感謝デーは「次はどんなスローガンなんだろう?!」とワクワクします(^^)。 プロ野球では、毎年掲げられるスローガンの効果もさることながら、長いシーズン、毎回の試合における勝利に 向かって何ができるかを個人としてもチームとしても考えながら行動していくことが求められます。 でも、これって、プロ野球に限ったことではないですよね。 今回のトリセツでは、会社の企業理念が従業員をはじめ会社全体にしっかり浸透するために必要な要素について考えてみました。
    • お知らせ
    • 2018/08/07
  • 一番悪いのは、仕事をしたつもりだけになること。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「仕事をしたつもり」 という機能について説明いたします。 ■ 一人で独立したときは、自分の仕事は100%自分でやります。 この仕事は、100%売上に繋がりますね。 もちろん直結しなくても最終的には売上に繋がると考えています。 売上につながるということは、クライアントへの価値貢献に繋がっていると言えます。 しかし、仲間が増えていくと、それ以外の仕事が増えていきます。 具体的に言うと、コミュニケーションコストですね。 仲間と2人でやるとすると、当然話をしなければなりません。 メールや手紙、LINEであっても、伝えなければ仕事ができません。 これらのコミュニケーションコストは、さらに売上から遠ざかっていると言えると思います。 もちろん、コミュニケーションコストが悪いわけではありません。 絶対に必要ですし、その結果、1+1が2以上の価値を生むことになるんですね。 ■ 問題は、クライアントの価値貢献に繋がっていない作業を「仕事」と捉えて、それで仕事をしたつもりになる ことだと思っています。 しかも、組織が大きければ大きいほど、やるべきことが増えますよね。 さらにたちが悪いのは、その仕事をしたつもりになっている人は、結構一生懸命やってて、周りもそのことを しっかり認めているんですが、本人はその行為に全く疑問を抱いていないで、その結果、成果がほとんど出ていないんです。 そこで、意識して欲しいのは、やはり「クライアントへの価値貢献」ですね。 上司や社長の顔色をうかがうわけではなく、常にクライアントの方を向いて仕事をしなければなりませんね。 ■ 税理士である僕も、自分がしている仕事がしっかりクライアントの成果に結びついているか、クライアントの 価値向上に貢献できているか、改めて考えたいです。
    • お知らせ
    • 2018/08/06
  • 資格があろうがなかろうが、誰にも負けない「やり方」と「あり方」を。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「プロのプロとしての価値」 という機能について説明いたします。 ■ Uberってご存じですか? ウーバーって読みます。 自家用車で乗客を運ぶライドシェア(相乗り)の世界最大手の会社です。 Uberに自分で車を登録しておくと、スマホを通じて利用しようとする人がつながります。 一見すると、これってとっても便利なサービスですよね? 一昔前だと、YouTubeが同様のサービスですね。 これまでだとごく一部の特権を持ったテレビ局しか動画を公開することができませんでしたが、今ではYouTube をはじめとした動画公開サービスで、誰でも世界中に動画を公開することができるようになりました。 ■ Uberは、日本ではあまり活用されていない感があるのでまだまだマイナーかもしれませんが、アメリカや オーストラリアを始め、世界的にはかなりの勢いで使われてきています。 しかし、先日Uberの影響で、バルセロナでタクシー業界が大規模なストライキを起こしました。 その前はパリでも、タクシー登録業者以外が運転サービスをすることを反対して、ストライキがありましたが、今回も同様です。 タクシー業界はテレビ局同様規制に守られてきた業界でしたが、ITの影響でどんどんその規制が取っ払われ ようとしています。 ここで、規制が必要かどうかを論じ縷々森はありません。 なにより大切なのは、規制があろうがなかろうが、利用者がタクシー登録業者を利用するか、それほどタクシー 登録業者がプロとしての働きをしているかどうかです。 もし、タクシー登録業者が、利用者が選んでくれるようなプロフェッショナルの仕事をしていれば、Uberで 誰がサービスを提供しようとも、タクシー登録業者がストライキを起こす必要などないはずです。 ■ 税理士も全く同じです。 税理士も税理士法に完全に守られています。 税理士以外が税理士業(税務相談、税務申告、税務代理)を行うことは認められていません。 しかし、実際には、税理士ではない人も、税理士業をしていることも散見されます (もちろん、僕はそれを認めてはいません)。 彼らは税理士法に違反する者なので、法律上は問題ありますが、もし、一般の人からして、もし誰に相談したと しても不利益にならないのであれば、どっちに相談しても同じですよね。 そう思われないためにも、法律で守られていようがいなかろうが、誰にも負けない知識と経験を備えておく 必要があると思いました。 そして、それ以上に大切なことがあります。 ■ 税理士である僕は、プロフェッショナルとして誰にも負けない知識と経験、何より誰にも負けないビジョンを 持たなければならないと確信しました。
    • お知らせ
    • 2018/08/05
  • 自分のことを一番分かっていないのは自分。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「自分のことを一番分かっていないのはやっぱり自分」 という機能について説明いたします。 ■ これまで、一番分からないのは自分だということを何度も何度もお伝えしてきました。 一番代表的な表現で言うと、単純に、自分のことは自分が一番よく分からない。 自分は当然主観というバイアスがかかっているので、逆に周りからの客観的な視点の方が冷静に見ることができます。 そのために、自分のことを一番分からないのは自分だといつも理解していました。 このことが感覚として理解できていれば、他人をむやみやたらと批判することがなくなりますね。 ■ 先日、セミナーで同じことを言われたんです。 まぁ、当然頭では理解していますので、「ふんふん」と言った感じで聞いていました。 しかし、その例えがとても納得のいく内容でした。 つまり、 「自分は、1日のうちほとんど自分自身を見ていない」 んです。 女性はもしかしたらもう少し頻繁に自分を見ることがあるかもしれませんが、僕なんか朝10分、髭を剃って 髪を整えるときだけですもんね。 逆に相手は、もっと長い間僕のことを見ています。 例えばクライアントとの打ち合わせの際であれば、2時間の打ち合わせの間、僕の顔を1時間見ているかもしれません。 セミナーで2時間話しているときは、もしかしたら1時間以上僕の姿を見ているかもしれませんね。 さらに細かな事を言うと、僕が見ている自分は、あくまで鏡を通して見る自分なので、他の人が見る自分の姿 ではありません。 左右が逆転しています。 こうやって考えていくと、本当の自分の外見は、めったにみることはありません。 相手と話していて、知らず知らずのうちに不機嫌な顔をしていても、分かったふりをしていても、自分以外の 周りの人は、僕の顔をしっかり見ているんですよね。 ■ 税理士である僕は、自分のことが一番分かっていないと言う前提で、どこまでも謙虚でいたいと思います。
    • お知らせ
    • 2018/08/04
  • 後悔するなら、やってからする。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「そうじゃない感覚」 という機能について説明いたします。 ■ 先日のコーチングのやりとりです。 それは、従業員数人の会社を経営している女性へのコーチングでした。 彼女は創業して2年目。業績も順調に伸びていますが、その影響もありどんどん時間がなくなってきました。 この2年間多くの経営者団体や、セミナー、勉強会に参加していました。 でも、最近その多くの勉強会に参加したせいで自分の時間が取れなくて、どんどん忙しくなったようです。 あなたなら、この方になんと質問しますか? ■ 僕はまず、 「理想の時間配分は、どのような割合ですか?」 と確認しました。 すると、セミナーや勉強会の理想の割合は、現状の3分の1の時間でした。 一見すると、理想の3倍の時間も、そしてお金も使っていたので無駄遣いをしています。 これって、「こんなに申し込まなければ良かったのに!」って思いませんか? しかし、この女性社長は違いました。 この2年間、多くのセミナーや経営者団体に参加したからこそ、「ここまでやらなくていい」ということが 分かったとのこと。 この感覚はとても納得いきますね。 逆にやらなかったとしたら、もっとやっておけば良かったのではないかと、後悔するかもしれません。 やらないことでの後悔は、極端に言ったらやるまで後悔するので、長引きます。 つまり、やらないで後悔するよりも、やってから、そのやったことを後悔する方が100倍いいと言えると 思います。 ■ 税理士である僕は、クライアントへ質問をすることでそのクライアントの変容のお手伝いをしていきたいです。
    • お知らせ
    • 2018/08/03
  • 今週のザ・ムービー
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 今日アップしたYouTubeの動画の紹介 をさせていただきますね(^-^)! No.78 「キャラ替え」 https://youtu.be/2nuRAGLPbgw 今回は、2017年3月のメルマガから取り上げてみました。 みなさんは、自分の性格についてどう感じていますか? ちなみに、私は内向的な性格です(^-^;。 ただ、人はいつでもなりたい自分になることができるのだそうです。 素敵な考え方ですね! そのために必要なのは「なりたい自分を明確にすること」で、周りに公言すると効果的だそうです。 私はポジティブな考え方を増やしていける自分になりたいです。 野村さんの思う「なりたい自分」は、どんな自分ですか? 今回のトリセツでは、かつて人見知りだったあべきが(今では信じられませんね!)、どのようにして 自分を変えていったのか紹介しています。 ぜひご覧ください(^-^)。
    • お知らせ
    • 2018/08/02
  • 対話を通じてクライアントの変化変容を実現することは、税理士の仕事。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「コーチングのビフォーアフター」 という機能について説明いたします。 ■ キャッシュフローコーチの方はご存じの方も多いと思いますが、今、超積極的に、コーチングを多くの方に 受けていただいています。 先週だと7人の方にコーチングを体験いただきました。 コーチングを専門にやっているわけではないので、今までの僕の経験では、週7人はダントツの多さです。 初めて本格的なコーチングを受ける方も多くいらっしゃいますが、多くの方にその効果を感じていただけたのではないかなと思います。 その結果、継続して受けたいと仰ってくれる方もいて、コーチングの価値が少しでも伝わったのではないかと、嬉しい限りです。 コーチングへの投資は、極論すると一生効果が出続ける、とてもコストパフォーマンスの良い投資だと思って います。 ただ、そのコーチングを誰から受けるかは、人の相性や、コーチのスキルについても人それぞれですね(^-^)。 ■ 僕自身、10年以上前から継続してコーチングを受けていますが、プロのコーチからコーチングを受けることで 定期的に、そして強制的に自分だけの時間を確保し、その間の思考を深め、さらには自分のやるべき事を 決めて、さりげなく背中を押してもらう。 こんな時間は僕に取って必要不可欠でした。 以前もお伝えしましたが、そのおかげで30才にしてシステムエンジニアから税理士への転身を実現させること ができましたし、今も納得のいく成果を上げられているんだと思っています。 また、その中でも時には納得のいかないこともありますし、悔しい思いをすることもありますが、そんなとき こそ、自分の譲れない価値観の部分をしっかり見つめ直す良い機会であるとして、そういった機会をも コーチングを通じてプラスに変えていくことも出来ます。 だからこそ、今度は僕がクライアントに対してこのコーチングの効果を感じていただけるよう、しっかり クライアントのそばに寄り添ったコーチングを心がけていきたいと思います。 ■ 税理士である僕は、税理士自体の仕事が「対話を通じてクライアントの変化変容を実現する」ことになることを 意識して、クライアントに提供していきたいです。
    • お知らせ
    • 2018/08/01
Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.