メイン画像

コンサルティング

実現可能な事業計画書を、クライアントと一緒に作成し、その事業計画書を元に融資を取り付けます。
さらには、実際に計画書通りにビジネスを行えるよう、Plan→Do→See→Actionのサイクルを、数字の面からサポートすることで、クライアントの「成功」のお手伝いが出来るように全力でサポートします。
EMPと言う言葉の由来に込めた、私の一番の使命であり、一番の私の強みです。

行政書士

税理士の領域だけではサポートできない、株式会社など法人の設立や、建設業や宅建業などの許認可の範疇、事業経営には必要不可欠な事業計画書の作成や融資の支援など、企業経営の周辺業務として重要な範疇のお手伝いをいたします。

税務・税務顧問

企業経営になくてはならない税務・会計の分野において、月々の試算表、決算書の作成から、法人税、所得税、消費税などの申告、そして年末調整などの業務についてもトータルでお手伝いいたします。 また、相続税の申告についても、行政書士とのダブルライセンスを活かし、相続税の申告だけでなく、戸籍謄本の収集、相続の手続きが発生する業務についても、一括で請け負います。

あべき 光司

あべき 光司

はじめまして。
私たちは、empowerant、つまり「力を与える人」という言葉に込められた思いを常に胸に抱き、日々クライアントのビジョン実現のお手伝いをしています。
全てのクライアントに対して、単なる税務顧問というおつきあいだけではなく、共に成長していくパートナーとしておつきあいができるのが私たちの望みです。
そういう意味で言うと、単に記帳代行だけお願い”だけ”できればよかったり、税務や社会保険の処理”だけ”お願いしたいと言うような方からすると、余計なお世話なのかもしれません。
しかしながら、私たちとのコミュニケーションを通して、お金の不安から解消されて、社長のやりたいことにフォーカスしたい!と言う方は是非お問い合わせ下さい。
なお、EMPはあべき光司の登録商標です。

    ]
  • 5年後日記で「あり方」を考え続ける!
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    今日は、 「あり方の見つけ方」 という機能について説明いたします。 ■ 以前、「やり方」と「あり方」について紹介しました。 あり方が定まっていないと、いざというときに、どうすべきか決めきれずに経営判断に迷います。 さらには、「あり方」を定めるというのは一朝一夕に見つかるわけではないと思っています。 以前、あり方を探すセミナーに参加したことがあります。 しかし、そのセミナー1日で自分のあり方が見つかるくらいなら、正直、日常生活ですぐに見つかっているはずです。 ■ そして、もしそのセミナーで「あり方」が定まったとしても、日を追うごとに変化していくこともあり得ます。 という事は、大切なのは、 「常に最も適した、自分にとっての『あり方』を考え続けること」 だと思います。 ■ 最近、コンサルティングのクライアントと一緒にやっているワークがあります。 それが、僕がずっとこだわって書き続けている5年後日記を書いて報告しあうというワークです。 5年後日記は、昨日のセミナーでもお話しさせていただきましたが、 4つのパートから成り立っています。 [1段落目] 将来の姿(を自慢する) [2段落目] 詳細 [3段落目] 今日できた(もしくはできなかったと気づいた)事実 [4段落目] 宣言 具体的にはこんな感じ。
    5年後の私。彼は元気です。その元気を周りの人に分けてあげます。 周りに元気を与えることで、周りを幸せにします。 今日私は関与先で悩みの相談を受け、明るく一生懸命悩みました。 社長も話が出来て何だか明るくなったようです。

    今日も一日彼に近づきました。

    ■ このワークを通じて、クライアントやそしてクライアント以外の多くの方が、 自分の成功に毎日近づくことができたら、とても嬉しいです。 そして、税理士である僕は、この5年後日記を活用して、もっともっとクライアントの成功に寄与していきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2017/12/22
  • ビジョンは、周りにわかりやすく伝え続ける
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「ビジョンは周りに伝わってなんぼ!」 という機能について説明いたします。 ■ 先日お会いした若手経営者の方との話です(全然関係ないですが、昔は経営者は ほぼ年上の方だったのですが、僕自身が40才を過ぎたから僕よりも若くて優秀な経営者がどんどん出てきますね)。 その若手経営者とはある自己啓発のセミナーでお会いしたのですが、 僕とは比べものにならないくらい真剣に話を聞き、ワークに取り組んでいらっしゃったので、 とても感心しました(というよりも、感動したレベルだったんです…(^^;))。 あまりにも感動したので、意を決して声をかけて、セミナーの後時間を取ってもらってお話を聞かせていただきました。 その方は、自分のビジョンを実現するための悩みがあるようで、職業柄(…(^^;)?) その悩みに興味を持ったので、そこで彼の悩みを教えてもらうことにしました。 それは、 「自分のビジョンは見えているのに、一緒にパートナーとしてやっていく人がなかなか見つからないということ」 でした。 ■ そこで、僕がコーチングをしているということを伝えた上で、コーチングのセッションを行いました。 コーチングの中で得た彼の気付きは、 「自分のビジョンをもっと具体的にして、もっと発信していく」 というものでした。 自分の中では、しっかり具体的になっていて、常に周りに発信していたつもりだったのですが、 自分の中でもまだまだ曖昧で、しかも周りに発信していないということは、伝わるわけがないとのこと。 ■ お話をお聞きしていて、僕自身も考えさせられたことがありました。 メルマガを通じて、 「5,000人の成功のお手伝いをする」 とは言っています。さらにはこうやってメルマガで目指す税理士像についても書き続けていますが、 まだまだ具体的ではありません。 なにより、本当にこのビジョンが自分のものになっているか、つまり行動指針になっているか、 自分自身としても考えさせれました。 ■ 税理士である僕は、周りにしっかり伝えるため、ビジョンを自分自身の行動指針として具現化させていきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2017/12/21
  • 一緒に考えることで、まさに、クライアントを「鼓舞する」 ことができるために、税務会計があるに過ぎない。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「鼓舞する」 という機能について説明いたします。 ■ 先日のクライアントへのコンサルで改めて思ったことがあります。 それは、結局、コンサルタントって理屈じゃなくて、どれだけクライアントに行動に移してもらうか、 ということです。 コンサルタントや税理士に必要不可欠な要素は、知識やノウハウがあり、そしてそのノウハウを クライアントに伝え、そしてそのノウハウを実行させるスキルがあることが まず思い浮かべられることだと思います。 しかし、それよりも大切なことは、そのコンサルタントにメンターがいること。 そしてさらに、共に成長できる仲間がいることだと確信しています。 メンターや共に成長できる仲間がいると言うことは、コンサルタント自身が クライアントと共に成長していくためには、最も重要な要素です。 そして、自分自身を通じて、クライアントを鼓舞することができて、その結果、 クライアントが行動を起こしてもらう。 これこそが、コンサルタントの求められる役割だと思っています。 僕にとって、資格があくまで手段であるのと同じように、税務や会計、その他の知識やノウハウについても、 クライアントが自己実現を行うための、単なる手段でしかありません。 クライアントが、自身の会社を通じて、自分の「成功」を実現させるために、僕がこの手段を通じて できることを考えておく必要があります。 僕の事務所の名前である「EMP」は、ご存じの通りEMPOWERANT。 つまり「力を与える人・職業」という僕の造語です。 クライアントを鼓舞するという意味を、僕は、僕の事務所の名前につけましたが、 それは、僕たちの役割を端的に表せるためです。 ■ 税理士である僕は、この10月、多くの出会いや再会がありましたが、このメンターや仲間達との出会いを クライアントとのコンサルにフィードバックできるよう、今日からも、改めて努力していきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2017/12/20
  • 第2回神戸地域勉強会お支払いフォーム
    お申し込みありがとうございます。 参加費をお支払いするには、クレジットカードをご用意の上、以下のどちらかのボタンを押して下さい(決済サイトへ移動します)。
    勉強会のみ参加の方(2,160円) 延長戦も参加される方(5,940円)
    • お知らせ
    • 2017/12/19
  • キャッシュフロー計画表は経営者にとってのコンパス
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「財務諸表の機能を再定義する」 という機能について説明いたします。 ■ コンサルティングの場で、キャッシュフロー計画表をクライアントに対して活用していると、 その効果が通常の損益計算書や貸借対照表のような財務諸表とは性質が全く異なることがわかります。 通常の損益計算書やキャッシュフロー"計算書"は、過去の事実の分析ツールとして活用します。 もちろん、過去の事実の分析に基づいて将来の予測を立てることはとても重要です。 キャッシュフロー計画表にもその機能も当然備わっています。 僕や、キャッシュフローコーチ養成塾で学んだコンサルタントがオリジナルで作成する キャッシュフロー計画表は、過去の実績を明確にし、将来の予測の分析をすることもできます。 しかしながら、キャッシュフロー計画表はそれだけの機能ではありませんし、それがメインの機能でもありません。 このキャッシュフロー計画表は、社長のビジョンや将来なりたいイメージをキャッシュの観点から 実現可能性を測り、その結果お金の不安を取り除くことができます。 そして、クライアントの成功のイメージを明確にして、一歩前に進むことができます。 さらには、もし計画をこのまま進めるとキャッシュフローの観点からうまくいかない ということがわかった場合でも、様々な観点から軌道修正をするためのコンパス(羅針盤) としての役割があります。 そのためのモチベーションアップのツールとしての機能こそが、キャッシュフロー計画表の 一番優れた機能だということに気づきました。 そう考え直すと、財務諸表の機能を再定義することができます。 そして、キャッシュフロー計画表を活用した結果、社長は自分が将来何をすればいいかにフォーカスすることができます。 ■ 税理士である僕は、キャッシュフロー計画表を元に、社長にやる気になってもらうための きっかけにしてもらいながら、成功のお手伝いをしていきたいと思います!
    • お知らせ
    • 2017/12/19
  • 何かを身につけるには、習慣の力が必須
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「学習の5段階レベル」 という機能について説明いたします。 ■ かなり前に、鮒谷さんのセミナーで学んだことで、ものすごく印象に残っている考え方があります。 新しいことを習得する際には、4段階プラス1段階のステージがあり、そしてそれぞれの段階から次の段階に進むには大きな壁があるという考え方です。 1.無意識的無能 まず第一段階として、あることに関して何も知らず、知らないということさえも知らない状態です。 つまり、「知らないしできない」という状態で、自動車に乗るということを例に挙げると、自動車すら知らないという状態ですね。絶対に自動車に乗ることはできません。 2.意識的無能 次の段階は、あることに関して知識を得ましたが、それを実践することはできない状態です。 つまり、「知っていてもできない」という状態で、自動車の乗り方を本で勉強したけれども、実際には乗ったことがないという状態です。 自動車に乗るのに、本で読んだだけではなかなか乗ることはできないですね。 3.意識的有能 3つ目の段階が、あることに関してある程度できるようになってきましたが、まだ習慣化されておらず、それを行うためにはある程度の集中力が必要な状態です。 つまり、「考えるとできる」という状態です。自動車の運転免許証を取ることは取れましたが、まだまだ運転するのに余裕がない状態です。 4.無意識的有能 そして4つ目の段階が、意識しなくても自動的にあることを実践することができている状態です。 これは、「考えなくてもできる」状態で、運転しながら音楽を聴いたり、助手席の方と話しながらでもスムーズに運転できる状態です。 5.無意識的有能に意識的有能 最後の第5段階が無意識的に行っていることを、意識して人に教えることができる状態です。 つまり、自動車の運転という行動を「言語化」して他人に教えることができる状態です。 ■ 個人的に、一番大きな壁は3段階から4段階への壁だと思います。 ここに重要なキーワードは「習慣」です。 その鮒谷さんのセミナーを一緒に受けた方が、その時からブログを書き始めて今日2,000日を超えたようです (正確には、「超えていた」と書かれていました(^^;))。 ■ 税理士である僕は、このメルマガを書くことで、自分自身に何度も何度もくどいように言い聞かせているこの「習慣」の力を自分のものにしていきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2017/12/18
  • 税理士でいることが、僕自身のメリット!
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「税理士のメリットを、僕自身が享受する」 という機能について説明いたします。 ■ 先日、クライアントから離婚の相談がありました。 (最近、何故か離婚の相談が多いのですが、何か時期的なものがあるのでしょうか)。 僕は、行政書士の資格は持っています。 離婚に関連した仕事をしている行政書士の先生方もいらっしゃいますが、僕は離婚の相談を仕事として受けていません。 仕事として受任することは出来ないので、その依頼者には、よく仕事をお願いする弁護士を紹介したのですが、あまりにも離婚の相談が続くので、世間話になったときに、「社長、なんで僕に離婚の相談なんですか?」って、聞きました。 すると、 「え?先生に頼んだらなんか出てくるやろ?」 僕にとってものすごいほめ言葉だと思いました。 他の税理士の先生がどのような相談を受けるのかは分かりませんが、僕が今月相談のあった中で、直接仕事と関係なさそうなもの(覚えてる分をいくつか) ・社労士を替えたいので紹介してほしい。 ・新しい事務所を契約したいので、不動産屋を紹介して ・離婚(しかも、3件も!) ・旅行の手配(兵馬俑なんて、歴史でしか習ったことない) ・取締役同士のケンカの仲裁 ・クレジットカードの契約(お得なところを紹介して) 我ながら、本当に関係ないことを相談されると感心します。 ■ 僕が税理士を目指した最も大きな理由が、「税理士は、『税理士を替える』という提案以外は何をしても、(基本的には)報酬を得ることができる」というものです。 税理士は、顧問料報酬と言う商習慣がまだあります。 定期的にクライアントを訪問して、帳簿をチェックして業績を報告すると言うのが一般的ですが、僕は、その中で様々なお話を伺います。 その中で、 「なぜこのクライアントは今のビジネスをしているのか、そして、その延長で、このビジネスはどこに向かっているのか。」 を、常に意識して、クライアントのお話や、今の税務・会計を見ていきます。 ■ ITコンサルタントの頃にクライアントの相談を受けると、ITでは解決できない(結果自分自身が儲からない)相談を受けることがあり、不本意ながら、ITを無理やり提供しなければならない状況があることに、ふがいないなと思うことがありました。 今、税理士の立場で相談を受けると、むりやり報酬を請求しなくても、どんな提案をしても顧問料のおかげで僕自身にもメリットがあります。 そのおかげで、自分のメリットを考えることなく、本当にクライアントにメリットのあることを提案できます。 ■ 税理士である僕は、税理士である立場を利用して、先日からのテーマである、「安心安全ポジティブな場」をクライアントに提供できるよう、日々精進していきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2017/12/15
  • ニュースレター35号完成しました
    • お知らせ
    • 2017/12/15
  • 見られ方を意識しながら、見え方を伝えるのも、仕事。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「見え方を伝える」 という機能について説明いたします。 ■ ビジネスパーソンとして、仕事をする上で周りからどう見られるか、周りからどう見られたいかはとても重要です。 特に、コンサルタントとして経営者であるクライアントに接するためには、さらには、クライアントからどう見られるか、その見られ方を意識することは直接クライアントの成果に結びつきますし、その結果、コンサルタント自身の売上に直結します。 例えば、これまで何度もメルマガでお伝えしてるような、 「第Ⅱ領域への投資が重要ですよ」 と常々言っているにもかかわらず、そのコンサルタントが第Ⅱ領域への投資をなおざりにしていたり資金繰りが会社の血液だということをいつも語っている税理士が、気がついたらお金の不安にさいなまれていたとしたら、果たしてクライアントは感心してそのコンサルタント、税理士の話を聞くでしょうか。 「お前に言われたくない」 と心で思われるのがオチだと思います。 僕が、この「税理士のトリセツ」で、いつも税理士がどうあるべきかを語っているのは、逆に、僕が目指している税理士像がどんなものかを伝えるためです。 今、実践できているものばかりではありません。 むしろ、できていないことの方が多いようにも思います。 しかしながら、自分が目指しているごく将来のイメージをこうやってメルマガで毎日伝えながら自分自身で再確認することで、どうあるべきかを忘れないでおく効果も大いにあります。 個人的に、毎日書いている5年後日記も同様です。 まさに、エビングハウスの忘却曲線に真っ向から抗うイメージですよね! ■ 税理士である僕は、クライアントに対して、彼らがこちらからどのように見えているかをしっかり伝えることで、彼らのなりたい自分、ありたい姿により近づいてもらうことが重要だと思います。
    • お知らせ
    • 2017/12/14
  • 限界を自分で決めると、それ以上には絶対にならない。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「限界を決めない」 という機能について説明いたします。 ■ 先日、神戸のクライアントのコンサルでこんな発言がありました。 ご自身の売上目標に関するお話ですが、 「本当は、今年の目標としては5億円を目指したいとは思うけど、前期の売り上げを考えると現実的には無理なので、4億にしておきます。」 いつも僕のメルマガを読んでくれてる方は、僕がこの発言に対してどう思うかはわかると思います(^-^)! ■ 社長の発言には、1つの「認知バイアス」があります。 「認知バイアス」について、細かな説明は省きますが、一言で言うと社長の偏見でしかありません。 具体的には、「前期の売上を考えると現実的に今期の売上を5億円と設定するのは無理だ」 という考え方です。 これって、このクライアントの単なる思いつきでしかありません。 実際には、このクライアントが今期5億を目指すのは簡単ではありませんが、「無理」ではないように思います。 極端に言うと、5億円は無理でも、4億9千万は目指せるかもしれません。 4億8千万なら?4億ちょうどにする根拠は? 考えていくと、いろいろツッコミ所があります。 ■ なにより、経営コンサルタントの福島先生がおっしゃっているように、自分で限界を決めたらそれ以上には絶対になりません。 例えば、世界一を目指している人に、日本一を目指している人は勝てないと思います。 今回の社長の例で言うと、売上5億は無理と言っている人はその目標は絶対に達成できませんが、無理だと感じられるかもですが、その目標を目指している限り実現できる可能性があります。 ■ ということは、税理士である僕は、まずは自分で限界を決めない。 その姿勢をしっかりクライアントに示すことで、限界を決めないということの大切さや、その効果についてしっかりと証明していきたいです。
    • お知らせ
    • 2017/12/13
  • できると信じてやる!
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「やりたいことにフォーカスする」 という機能について説明いたします。 ■ 先日のクライアントへのコンサルティングの中で、こんな事例がありました。 ウェブデザイナーの彼は、新しい分野に進出しようとしていました。 そして、その新しい事業について、僕とその収益性や実現可能性について、いろいろと議論をしていきました。 少し表現が難しいかもしれませんが、要は、「儲かるの?で、どれくらいその儲け話は可能性があるんかな?」 っていうことなんですけど。 話をしていると、その新しい事業は、うまくいきそうなんですけどいまいち自信がありません。 そのせいで、成功する根拠と一緒に、できない理由も思いつきます。その内容を、ずっとヒアリングしていました。 成功する理由と、うまくいかない理由も同時に思いつく。 これって、アクセルを踏みながらブレーキを同時に踏むようなものですね。 このようなことは、よくあることだと思います。 やりたいことがあるのに、不安が頭をよぎり、一歩を踏み出せない。 やりたいことがあって、できる理由もあるのに、同時に、当然できない理由も思いつきます。 そんなとき僕は、できない理由ではなく、できる理由だけに意識をフォーカスするようにしています。 そして、クライアントにもそのように説明するようにしています。 もちろん、実現可能性の検証や、また、その可能性をより高めるためにどうすればいいかを考えて提案しますが、ビジネスを成功するために一番大切なことは、できない理由ではなく、できる理由にフォーカスすることだと思います。 ■ そして、税理士である僕は、できる理由とできない理由をしっかりヒアリングする中で、その事業の実現可能性だけではなく、その人の本気度をしっかり聞いてあげようと思います。
    • お知らせ
    • 2017/12/12
  • 何もなかった日なんてない
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は 「何もなかった日」 について解説します。 ■ 5年後日記をクライアントや、Facebookグループでやりとりしてます。 友達に意見を聞いたんですが、その時こんな発言がありました。 「今日は何もなかったので、書くのに苦労しました!」 こんな日は、将来の自分をどう考えたら良いんでしょうか。 ■ 一番簡単なのは、今日の延長とは関係のない5年後をイメージすることです。 5年後はどうなっていたいかなーと想像する。 僕で言うと、いつも言っているMASERATIがそれですね(^^;)。 結構な頻度で言っています。 ■ しかし、それよりも大切な考え方があります。何か分かりますでしょうか? それは… 「何もなかった日」なんてない。 ということです。 その人も、他の人と同じように86,400秒過ごしているはずです。 極端に言うと、風邪で一日、本当に24時間寝ていたとしても、健康の大切さに気付くことができます。 もしくはたまにはこうやって休養を取ることの大切さに気付くかもしれません。 5年後の自分なら、この24時間の睡眠をどう捉えるか、今の自分ならどう捉えるか。 旦那さんや奥さん、パートナーが24時間寝ていたときのことを考えると、思いつくことは本当にたくさんあります。 例えば、パートナーへの感謝の気持ちや、健康をいたわる気持ち。 働き盛りのビジネスパーソンが風邪で寝ていることで、リスク管理の重要性に気付く人もいますし、人によっては、風邪の研究がしたくなって医者を目指す人だっているかもしれません。 つまり、「何もなかった」のではなく、「何も自分のアンテナに引っかからなかった」だけですよね。 ■ 毎日、自分の5年後について時間をかけて掘り下げる必要なんてないと思います。 でも、この日記を書くのと書かないのとでは、将来のことを具体的に考える頻度は格段に上がるのではないでしょうか。 例えば、日記を書いていなかったら月に1回のところが日記を書くことで3日に一度、書くことがないのでぼんやり考える。 この差が大きいのだと思います。 毎日書いてたら、 「あ、30日連続で書いたな。」「あ、100日連続だ。」 みたいに思ったタイミングがあるとしたら、その時にぼんやり読み返すなりして、将来を想像しても良いかもしれません。 もしくは過去の自分が将来のことをどれだけ具体的に考えていたか、その差を感じても良いかもしれません。 ■ 税理士である僕は、自身が見本として背中を見せることで将来のビジョンを考える重要性を、しっかり示していきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2017/12/11
Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.