メイン画像

コンサルティング

実現可能な事業計画書を、クライアントと一緒に作成し、その事業計画書を元に融資を取り付けます。
さらには、実際に計画書通りにビジネスを行えるよう、Plan→Do→See→Actionのサイクルを、数字の面からサポートすることで、クライアントの「成功」のお手伝いが出来るように全力でサポートします。
EMPと言う言葉の由来に込めた、私の一番の使命であり、一番の私の強みです。

行政書士

税理士の領域だけではサポートできない、株式会社など法人の設立や、建設業や宅建業などの許認可の範疇、事業経営には必要不可欠な事業計画書の作成や融資の支援など、企業経営の周辺業務として重要な範疇のお手伝いをいたします。

税務・税務顧問

企業経営になくてはならない税務・会計の分野において、月々の試算表、決算書の作成から、法人税、所得税、消費税などの申告、そして年末調整などの業務についてもトータルでお手伝いいたします。 また、相続税の申告についても、行政書士とのダブルライセンスを活かし、相続税の申告だけでなく、戸籍謄本の収集、相続の手続きが発生する業務についても、一括で請け負います。

あべき 光司

あべき 光司

はじめまして。
私たちは、empowerant、つまり「力を与える人」という言葉に込められた思いを常に胸に抱き、日々クライアントのビジョン実現のお手伝いをしています。
全てのクライアントに対して、単なる税務顧問というおつきあいだけではなく、共に成長していくパートナーとしておつきあいができるのが私たちの望みです。
そういう意味で言うと、単に記帳代行だけお願い”だけ”できればよかったり、税務や社会保険の処理”だけ”お願いしたいと言うような方からすると、余計なお世話なのかもしれません。
しかしながら、私たちとのコミュニケーションを通して、お金の不安から解消されて、社長のやりたいことにフォーカスしたい!と言う方は是非お問い合わせ下さい。
なお、EMPはあべき光司の登録商標です。

    ]
  • 絶対に他人のせいにはしない。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「自分の相手の先の、その先へ利益をもたらすことが成功の鍵」 という機能について説明いたします。 ■ ごく一部の方には相談しているんですが、今かなり大きなビジネスのプロジェクトが立ち上がりつつあります。 準備して約半年、ようやく形になりつつ、そして大きな成果がでつつあります。 現在その準備や段取りにかなり時間を使っていますが、もう一歩のところまで来ました。 新しい従業員も増えたので、組織的にも、少しずつ成長していますし、僕の組織の中の役割も変わりつつ あります。 ■ 少し話は変わりますが、昨日、大きな失敗をしました。 もちろん、失敗は将来的には学びになるはずですが、まだその渦中なので、まだどういった学びになるかは わかりません。 今回の失敗は大きなストレスになりますし、何より、クライアントに大きなご迷惑をおかけする結果になって います。 当然、頑張ってリカバリーをしますが、いずれにしてもクライアントに心配をかけている事実は変わりません。 新しいビジネスのプロジェクトも、そして今回の失敗も、共通する視点は、 「どれだけ主体的に動くか」 ということだと改めて痛感しました。 「原因」と「結果」で言うと、自分自身が結果の側に立つ。 つまり他人のせいにすると何もそこから学びもありませんし、単なる愚痴しかでません。 しかし、逆に自分が原因側に立つと、自分でできることがどんどん出てきて、工夫できることも増えます。 ■ ジョイントベンチャーを組む際も全く同じです。 相手や、周りや、他人。そして信用や信頼といった危ういものに阿ねることなく、あくまで 「自分が動く。」 そして、その「動く」ための視点は、タイトルにあるとおり、自分の相手の、その先の人の、さらに先の人に 利益や満足をもたらすことができるかどうかというものだと考えます。 ■ 税理士である僕は、今回のビジネスプロジェクトも「失敗」も、自分自身の相手のその先のさらにその先の利益 を考えて、今より少しでも全員の満足度が上がる取り組みをしていきたいです。
    • お知らせ
    • 2018/05/07
  • 質問であなたの思考を深める。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「3,000人が誕生した瞬間」 という機能について説明いたします。 ■ EMPのビジョンは、「10,000人の成功のお手伝いをする」です。 以前、メルマガを書き始めた当時は3,000人でした(^-^)。 何度もお伝えしていますが、この3,000人は、僕が直接3,000人の成功のお手伝いをするのではなく、 僕が20人の従業員の成功のお手伝いをして、その考え方に共感してくれた従業員が、300社のクライアント 社長の成功のお手伝いをする。 そうするとそのクライアントがさらに共感をしてくれて、そのクライアントの会社の従業員の成功のお手伝いを してくれる。 その従業員合わせて3,000人というイメージをこの「3,000人」という数字に込めています。 ■ この3,000人という数字ですが、実は元々は友達からの一言がきっかけでした。 約10年前に、僕は「成功のお手伝いをする」と話していたんです。 彼にそのビジョンを伝えると、 「何人くらい?」 って聞かれたんです。 そこで、とっさに3,000人と答えました(^^;)。 その時には、具体的な数字も考えていませんでしたし、どうやってこの3,000人の成功のお手伝いができるか、 そんなイメージも湧いていませんでした。 しかし、ここでとっさに人数を答えてしまったせいで、「どうやって僕は3,000人の成功のお手伝いができる んだろう」ということを考えるきっかけになったんです。 そこから、このビジョンについて5年後日記の中で何度も何度も考える中で、具体的なイメージが湧いて きたんです。 つまり、後付けなんですよね(^^;)。 しかしながら、このように「まず言う」ことで後で具体的な方法を考えるきっかけになりましたし、 何よりビジョンを常に考え続ける仕組みも、とてもうまく機能した結果になったと思います。 何より、この友達の質問がなければ、僕自身のビジョンが動き始めなかったのではないかと思います。 ■ 税理士である僕も、あなたの思考が深まる質問を、このメルマガを通じてしっかり提供していきたいと 思います。
    • お知らせ
    • 2018/05/06
  • 何より準備が大切。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「正射必中」 という機能について説明いたします。 ■ 以前、僕の先輩からメルマガの感想をいただいた時に、正射必中という弓道の言葉があることを紹介して いただきました。 以前から弓道には興味を持っていたので、弓道をやっていた大学の友達に、改めて話を聞きました。 弓道には、矢を射るまでの動作を8つに区切った「射法八節」という射術の法則があるそうです。 一連の動作は、 (1)足踏み (2)胴作り (3)弓構え (4)打起こし (5)引分け (6)会 (7)離れ (8)残心(残身) と呼ばれるステップに分かれています。 そして、それらのステップを正しく行うことができれば、矢は必ず的に当たる。 これが「正射必中」の考えです。 ■ そしてこの言葉の背後には、的に当たったかどうかの結果よりも 「矢を放ち終わるまでのプロセスこそが大切である」 という弓道の教えがあるそうです。 そして、さらには、プロセスを正しく行いさえすれば、「当てよう」とせずとも、必然的に「当たる」という 考え方に帰結するそうです。 ■ 僕は弓道はやったことはありませんが、言うまでもなく、この考え方は弓道の世界だけではなく、日常の業務 を行う上でも同じだと思います。 現段階で、想定できる範囲で最善の準備をしてビジネスに向き合えば、必然的にビジネスの成功、クライアント の成功という的を射る確率は高まるはずです。 少し概念的ですが、あくまで理論上はそうだと思います。 そうだとしたら、ビジネスの世界で大切なのは、 「現段階で想定できる範囲で最善の準備をしておくこと」 になります。 逆に一度矢を放ってしまえば(少なくともその矢に関しては)軌道修正できません。 ということは、その矢を放つまでの最善のプロセス、つまり事前準備をしっかり行っていく必要があります。 ということは、もし仮に1度や2度的が外れたとしても、つまりビジネスで思った結果が得られなかったとしても、 さらには思った結果が得られたとしても、さらによりよい結果を目指して、次の射、次の射と気持ちを切り替え、 作業をマンネリ化させず、毎回、真剣勝負で準備をすることが大切だと、この「正射必中」という言葉を 通じて感じました。 自戒を込めて。 ■ 税理士である僕は、この「正射」という言葉から、正しいプロセスだけではなく「そのプロセスを行う目的」で あるところの「ビジョン」が明確であることを、しっかり理解して伝えていきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2018/05/05
  • 値上げをして喜ばれる仕事をしよう!
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「値上げの持つ意味」 という機能について説明いたします。 ■ 先週、先輩税理士から相談を受けて、コンサルをしていたときのことです。 税理士のプライシング戦略の話題になって、その先輩は新規の契約をする際、必ず値引きを言われるよう でした。 そもそも、値決めをいくらにすればいいのか、悩んでました。 税理士は、例えば一人税理士のケースを想定すると、売上が一定を超えると仕事が多すぎて回らなくなります。 ということは、売上自体も一定の金額まで行くと止まってしまいます。 そこから売上を上げようとすると、そのままのやり方ではうまくいきません。 やり方は、社員を雇って受け入れられる仕事を増やしていくか、もしくは仕事の内容を変更することで 値上げをしていくしかありません。 この、値上げはかなりストレスを伴います。 なにしろ、この税理士もそうですが、契約の時に値引きするように言われるくらいですから。 ■ 税理士などの士業だけじゃないですが、ビジネスにとってのその商品の「価格」とは、その商品やサービスの、 「クライアントに与えるメリット、便益」を金額に変換したものだと思います。 例えばある税理士の顧問料が3万円だとすると、その税理士はクライアントに対して、3万円分のメリットを 提供できるということです。 逆に、もしそのクライアントがその税理士に対して値引きを要請しているということは、その税理士が提供 できる価値が、報酬の額よりも低いということです。 少なくとも、その税理士が自分の価値を表現できないだけですね。 ということは、値上げができないということは、理論上は「クライアントに与える価値を増やすことができ ない」と宣言しているのと同じです。 なんなら、値段が高いか安いかは、相手に与える便益の大きさです。 その便益の大きさは相手が決めます。 それを、勝手に自分で決める必要はありません。 自分の値段に自信がないようであれば、自信がでるまで勉強すればいいだけですね。 納得するまで、死ぬほど勉強すれば良いだけです。 ■ とはいえ、税理士である僕も、プライシングは永遠のテーマです。 値上げをするのではなく、逆に値上げをして欲しいと頼まれるようになるほど、満足いく価値を提供して いきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2018/05/04
  • トラブルととらえるか、スパイスととらえるか。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 少し奇をてらったタイトルですが、この間わさび味のおかきを食べたんです。 見た目が普通だったので、何も気にせずにいくつか口にサラサラと入れたら、びっくりするくらい辛くて涙が 止まりませんでした(>_<)。 わさびのおかきを口に頬張ることをしないのと同じように、わさびだけ食べることってないですよね。 それって、テレビでやる罰ゲームくらいですよね。 ただ、わさびって寿司には必須ですし、ざるそばに入れてもおいしいです。 でも、たくさん入れると罰ゲームです。 わさびだけじゃなくて、多くの香辛料って単体で食べると罰ゲームですが、少量料理に入れるとスパイスです。 ■ これって、ビジネスや大きい意味で言うと人生でのトラブルについても同じことが言えると思っています。 例えば、今日人生最大のトラブルに見舞われたとしても、5年経ったら良い経験だった。 みなさんにもそんな経験ありませんか? でも、もちろんトラブルに見舞われているとき、そのど真ん中にいるときにはわかりません。 ということは、人生やビジネスでの捉え方の抽象度やチャンク(塊)を大きく捉えることで、物事をネガティブ に捉えることもできれば、ポジティブに捉えることもできそうです。 それだけではなく、わさびのようにトラブルが全くない人生なんて味気ないものになってしまいますし、 その困難を乗り越えたときの成長もなくなりますよね。 また、トラブルを乗り越えた人の方が、人生に対して厚みがあります。 全てスムーズにいけた人生も良いかもしれませんが、困難を乗り越えた人と全てスムーズにいった人、 どちらがクライアントから頼りにされるかというと、僕は困難を乗り越えた人なんじゃないかと思っています。 そういう意味でも、多くのスパイスを食べ比べた人の方が信頼されますし、魅力的ですよね! ■ 税理士である僕も、トラブルや苦労などをしっかり人生のスパイスとして楽しめる、多面的な人間を目指したい と思います(^-^)。
    • お知らせ
    • 2018/05/03
  • 自分の感情に「対応」できるような「仕組み作り」を。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「感情に反応する人と対応する人」 という機能について説明いたします。 ■ お客さんから言われた一言でイラッとすることないですか? 家族や親御さんから言われた何気ない言葉に、落ち込むことはありませんか? しかも、そのお客さんやご家族、親御さんはあなたを怒らせたり傷つけるつもりはなかったのに、です。 この時にポイントになるのは、大きく2点あると思います。 ■ 1点目が、僕がとても大切にしているコミュニケーションの考え方、「コミュニケーションは受け手が主」 です。 つまり、その人との会話で、自分が傷ついたのであれば、それは例え相手がそのつもりがなくても、あくまで それは文句です。 お互いがこの考え方でいると、相手の反応に対して謙虚になると思います。 逆に「こっちはそんなつもりなかった!」と、自分主体の会話になると、話が全くちぐはぐになりますし、 うまくいくはずないんじゃないかと思います。 ■ そして2点目、こちらが今日のテーマですが、「相手の発言にイラッとしたり落ち込んだりする自分」、 こちらにフォーカスしてみます。 僕は、人間関係の学びは結局は感情の学びだと思っています。 相手の発言にイラッとしたとき、そして落ち込んだりしたときに、自分の相手の発言に対する感情の「反応」を 意識的に吟味するという習慣があれば、 「あのとき僕はどうして怒ったのだろう?」 「この淋しさは何だろう?」 「私は何かを怖がっているようだけれど、これはどこから来るのだろう?」 などと自分に問いかけることができたら、もっともっと自身を深く理解することことができると思います。 コーチングではこういった部分も扱いますが、コーチがいなくても自分でもしっかり自分と向き合うことは 可能です。 一方で、私たちは自分の感情に対する責任を自分で持ち、主体的に向き合うことで、感情に巻き込まれて 「反応」するのでなく、感情に「対応」していくことができるようになるんじゃないかと思っています。 もちろん、僕も含めて、すぐに自分の感情に対して、毎回「対応」することは、はじめは慣れてないかも しれません。 でも、 「慣れてないだけ」 なんですね。 自分の感情が大きく変わったタイミングを、後でもかまわないので、自分がどう感じたか、自分の感情を認識 しておくことだと思います。 ■ 税理士である僕も、自分の感情に反応する状況を把握して、少しずつ「対応」できるようになりたいです。
    • お知らせ
    • 2018/05/02
  • 妥協ととるか、柔軟に生きるととるか。答えなんかない。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「感情に反応する人と対応する人」 という機能について説明いたします。 ■ お客さんから言われた一言でイラッとすることないですか? 家族や親御さんから言われた何気ない言葉に、落ち込むことはありませんか? しかも、そのお客さんやご家族、親御さんはあなたを怒らせたり傷つけるつもりはなかったのに、です。 この時にポイントになるのは、大きく2点あると思います。 ■ 1点目が、僕がとても大切にしているコミュニケーションの考え方、「コミュニケーションは受け手が主」 です。 つまり、その人との会話で、自分が傷ついたのであれば、それは例え相手がそのつもりがなくても、 あくまでそれは文句です。 お互いがこの考え方でいると、相手の反応に対して謙虚になると思います。 逆に「こっちはそんなつもりなかった!」と、自分主体の会話になると、話が全くちぐはぐになりますし、 うまくいくはずないんじゃないかと思います。 ■ そして2点目、こちらが今日のテーマですが、「相手の発言にイラッとしたり落ち込んだりする自分」、 こちらにフォーカスしてみます。 僕は、人間関係の学びは結局は感情の学びだと思っています。 相手の発言にイラッとしたとき、そして落ち込んだりしたときに、自分の相手の発言に対する感情の「反応」 を意識的に吟味するという習慣があれば、 「あのとき僕はどうして怒ったのだろう?」 「この淋しさは何だろう?」 「私は何かを怖がっているようだけれど、これはどこから来るのだろう?」 などと自分に問いかけることができたら、もっともっと自身を深く理解することことができると思います。 コーチングではこういった部分も扱いますが、コーチがいなくても自分でもしっかり自分と向き合うことは 可能です。 一方で、私たちは自分の感情に対する責任を自分で持ち、主体的に向き合うことで、感情に巻き込まれて 「反応」するのでなく、感情に「対応」していくことができるようになるんじゃないかと思っています。 もちろん、僕も含めて、すぐに自分の感情に対して、毎回「対応」することは、はじめは慣れてないかも しれません。 でも、 「慣れてないだけ」 なんですね。 自分の感情が大きく変わったタイミングを、後でもかまわないので、自分がどう感じたか、自分の感情を認識 しておくことだと思います。 ■ 税理士である僕も、自分の感情に反応する状況を把握して、少しずつ「対応」できるようになりたいです。
    • お知らせ
    • 2018/05/01
  • 評価基準をしっかり設けてえこひいきする。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「堂々とえこひいきする」 という機能について説明いたします。 ■ 経営者が、一部の社員をえこひいきする。 それって、実際はよくあることだと思います。 経営者は、経営者の前に人間ですから。 例えば自分と相性が合う、性格のタイプが似ているなど、自分と重なる部分のある部下や、共感してくれる 部下には、つい優しくしてしまいがちな部分はあります。 もちろん、そうは言っても、社長という立場を考えると、えこひいきの行き過ぎは周囲に悪影響を及ぼして しまいますね。 ■ 当たり前のことですが、特定の人だけ優しくするのは、不公平な対応です。 結果、周囲から反感を買うため、人間関係にひずみを生んでしまうのです。 ここで心がけたいのは「平等な接し方」です。 特定の人にだけ優しくなるのではなく、すべての人に対して平等な態度で接するようにしたい。 マザーテレサのように完全平等な態度はなかなか難しいですが、できるだけ平等に接していきたい。 ■ ただ、今回はそんな話ではありません。 例えば実際ビジョンに共感してくれたり、さらにはそのビジョンを実践してくれる人に対して優遇したい気持ち が出てくるのは当然です。 そして、そういう人にはえこひいきしていい。少なくとも僕はクライアントにはそう伝えています。 大切なことは、 (1)自身のビジョンをしっかり周囲に伝えておくこと。 当然ですよね。ビジョンを一部の人にしか伝えていないと、伝えられていない人には不公平です。 さらに言うと、自分の思いなんてほとんどの人に伝わっていません。 ですので、手を変え品を変え、伝え続けておかなくてはなりません。 そして次に、 (2)えこひいきしている理由も周りに公言すること これも当たり前です。 そうしないと、相手だけでなく、周りの人もなぜえこひいきされたのか分からずに邪推します。 ビジョンを実践してくれる人に対して評価すると伝えて、堂々とえこひいきし続ける。 もはやこれは、えこひいきではなく、純粋な評価基準ですね。 ■ 税理士である僕は、評価基準を設けることで、堂々と「えこひいき」していきます。
    • お知らせ
    • 2018/04/30
  • 今週のザ・ムービー
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 今日アップしたYouTubeの動画の紹介をさせて いただきますね(^-^)! ■ 「today is the best day」 税理士のトリセツ ザ・ムービー - YouTube https://youtu.be/xqdu3PDrWvU 「あべきちゃん、今日が一番若いんやで」 泉の広場(大阪の人はご存じの方も多いと思います)を上がるときにある広告にも書いているんですが(^-^)、 この言葉は誰にも当てはまります。 大先輩のクライアント社長が言うと、今の自分が少しずつ年齢を感じているだけに、余計に背筋が伸びました!
    • お知らせ
    • 2018/04/29
  • あなたの成功を後押しする!超JV実践法習得講座 お支払いフォーム
    お申し込みありがとうございます。 参加費をお支払いするには、クレジットカードをご用意の上、以下のボタンを押して下さい(決済サイトへ移動します)。 料金は、70,000円の5回払いです(消費税は別途頂戴いたします)。
    • お知らせ
    • 2018/04/28
  • ニュースレター43号完成しました
    • お知らせ
    • 2018/04/27
  • ニュースレター41号完成しました
    • お知らせ
    • 2018/04/26
Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.