• TOP
  • 税務以外でも、とにかく聞いてみる。

税務以外でも、とにかく聞いてみる。

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「クライアントの当たり前を超える」

という機能について説明いたします。


税理士ほど、ある意味「中途半端」な職業はないと思います。
と言うのも、一部の、国際税務などの専門分野に特化した税理士を除いて、税務や会計の知識だけでは仕事をカバーできないからです。

私の目指す、「ワクワクとコミットメントを提供する税理士」は、単に「税務」や「会計」の面において、クライアントをサポートするだけではありません。

当然僕が得意としているITについても、質問に答えますし、ただ質問に答えるだけではなく、実際にサポートしたり、代わりに業者と交渉をしたりします。

融資についても、日本政策金融公庫をはじめ、金融機関の担当に対して、クライアントと一緒に、もしくはクライアントに代わって交渉をしますし、それだけでなく、法律や労務の問題についても、一通りの知識を持ってクライアントと接する必要があります。

そして、それらの専門家に対する窓口として、クライアントの話をしっかり聞いた上で、前捌きをすることができるのが、私の目指す税理士像です。


ということは、クライアントが当然に想像している「税理士像」について、いい意味で裏切る必要があります。そうでなければ、例えばクライアントから、
「こんなこと知ってるかな?こんなことは誰か専門家を紹介してもらえるだろうか?」
と言った期待を持ってもらうこともできませんし、そうなると、結局クライアントの悩みを解決する機会も減ります。


なので、クライアントのもつ期待を、いい意味で超えることで、極端に言うと、
「何でも聞いたら、とりあえず答えてくれる。少なくとも応えてくれる。」
という状態を維持できるのではないかと思います。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.