• TOP
  • 成功するまでやめない(T_T)!

成功するまでやめない(T_T)!

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「絶対に成功するためのただ1つの方法」

という機能について説明いたします。


ご存じの方もいらっしゃると思いますが、僕は毎年情報処理技術者試験を受けています。
今年も、10月にITストラテジストの試験を受けました。

そして、昨日合格発表があったんですが…

2点足らずでした(T_T)。

いえ、毎年ほとんど準備もしてないですし、合格したところで…みたいな言い訳はやまもりできますが、
受験して落ちたのであれば、どんな理由があるとはいえ、言い訳にはなりません。

しかも今年の受験の時に、いったい何回受験(受検?)したんだろう?と思って
過去のTwitterのつぶやきを調べてみたら、なんと今年で8回目でした。


税理士の試験も同様です。
僕は、出来が良い方ではない(むしろ悪い方なんだと思います)ので、合格までに7年もかかりました。
7年間、受け続けてようやく税理士の試験から卒業できました。

僕にとっての「成功」は、ビジョンである5,000人の成功のお手伝いをすることなので、
まだまだ成功まではおぼつきません。
ですが、7年間の税理士試験の生活の中で、タイトルにもある、「絶対に成功する方法」を体得しました。

それは、

「成功するまでやめない」

ということです。
言葉遊びのようですが、真理だと思います。

税理士試験はとてもハードな試験です。今思い出しても、苦行のような試験でした。

今年も、41,000人の受験生が1年間の成果を発揮するために、この苦行のような試験に臨み、
800人の人が税理士の登録資格を得ました。
約10%の人しか、試験に合格しません。
そして、その10%の積み重ねで、税理士になれる人は毎年1,000人未満です。


そして、その1,000人は、その他の40,000人と何が違うかというと、
「受かるまで辞めなかった」人たちです。
そして、その前提で、受かる確率を最大にまで上げる工夫をしていたんです。
工夫の仕方は、人それぞれありますし、また、完全に運が良かった
という人もいるかもしれません。

それでも、全員に共通するのは、

「受かるまで辞めなかった」

ということです。

この、「辞めなかったら受かったという体験」は、税理士の資格自体よりも
価値があるのかもしれません。


税理士である僕は、この「辞めなかったら受かった」という体験をより強くするために、
来年の秋こそはしっかりITストラテジストの試験に臨みたいと思います…(多分)。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.