• TOP
  • トラブルも全力で楽しむ覚悟を持つ

トラブルも全力で楽しむ覚悟を持つ

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「一人でもやりきる覚悟」

という機能について説明いたします。


先日のコーチングでのことです。
今の環境から大きく変わって、新しいところに挑戦しようとしているクライアントは、
その新しい挑戦に対して期待と不安が入り交じっていて、次のステージに進みたいと考えているにもかかわらず、
不安が先に立って躊躇していました。

その新しいステージは周りの人からも一般的には憧れるビジネスです。
そして、周りに与える影響力もとても大きいです。

そこでの問いは、こういうものでした。

「その仕事は、誰からの協力を得られなくても、例え一人でもやる覚悟があるか?」

もしその仕事が単なる憧れで、自身の基準ではなく世間の見栄なのであれば、問題が発生したとき、
資金繰りがうまくいかなかったとき、売上が思いのほか少なかったとき、
従業員が期待していた働きをしなかったとき、そして、窮地に立ったときには絶対に続きません。
もしかしたら、資金繰りや、売上、従業員などのせいにするような、言い訳が出ます。
その覚悟がないのであれば、覚悟が持てるまでは先に進むのはやめた方がいいのかもしれません。


逆に、一人でもやりきる覚悟があると、
どんなこんなんな状態に陥ったとしても、知恵がでます。
問題が問題ではなく、自分自身の人生という物語のクライマックスを見ている感じで、
ワクワクしながらその問題に挑んでいくんだと思います。

クライアントに対しては、彼に様々な視点を投げかけることによって
彼が彼自身の覚悟の大きさをしっかりと認識してもらうことで、先に進むことが出来ます。


そこで税理士である僕は、クライアントにこの「覚悟」をしっかり味わってもらうだけでなく、
僕自身が今のビジネスに対してどれだけ覚悟があるか、一人でもやりきる覚悟や、
トラブルをワクワクしながら楽しむ覚悟があるか、
さらには、自分自身がまず本気になって周りにその覚悟を示せているかをしっかり見極めなければなりません。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.