• TOP
  • 一瞬一瞬を生きる

一瞬一瞬を生きる

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「あなたの命の時間は削られている」

という機能について説明いたします。


この夏に参加したセミナーでのことです。
その方は、大きな病気を克服して、既に3年になるそうです。
セミナーではその当時のことを話していただきましたが、大病を克服した方の講演を聞いていて、
感じたことがあります。

僕の命の時間は、今この瞬間にも、1秒1秒削られているということです。

今僕は42才。
母が亡くなった56才まで生きるとしたら、残り14年です。
このメルマガを書いているこの時間も、自分の死に近づいています。

この「死に近づいている」という考え方は少し極端かもしれませんが、
セミナーで大病から復活した方の話を聞いて、その死を覚悟した感覚がしっかり伝わりました。
だからこそ一瞬一瞬を生きようとしている姿が伝わり、
僕も生きている今を一瞬一瞬大切に生きようと感じました。

地球の営みや、宇宙の流れから考えると彼女の3年間はほんの一瞬です。
でもこの一瞬が、セミナーの中で多くの人に感動を与え、多くの人間を変えてしまっています。


僕が大好きな「86,400ドルのプレゼント」のお話しでも、とても考えさせるくだりがあります。

「1年の価値を理解するには、落第した学生に聞いてみるといいでしょう。

1ヶ月の価値を理解するには、未熟児を産んだ母親に聞いてみるといいでしう。

1週間の価値を理解するには、週間新聞の編集者に聞いてみるといいでしょう。

1時間の価値を理解するには、待ち合わせをしている恋人たちに聞いてみるといいでしょう。

1分の価値を理解するには、電車をちょうど乗り過ごした人に聞いてみるといいでしょう。

1秒の価値を理解するには、たった今、事故を避けることができた人に聞いてみるといいでしょう。

0,1秒の価値を理解するためには、オリンピックで銀メダルに終わってしまった人に聞いてみるといいでしょう。

0.1秒~1年、どの期間も価値があります。


税理士である僕は、この価値をしっかり味わうことができて、
クライアントだけでなく周りの人によりよい影響を与えることで、
まさに僕がビジョンとしている成功のお手伝いしていこうと思います。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.