• TOP
  • どっちでもいいのではなく、どっち「も」いい!

どっちでもいいのではなく、どっち「も」いい!

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は

「49:51」

という機能について説明いたします。


コンサルティングをしていて改めて感じるのが、クライアントが、買うか買わないかというような、
AかBかというような二者択一の経営判断は、ほとんど双方に優劣はないということです。

いうなれば、9:1のように、明らかにどちらかに傾いているというわけではなく、
49:51のような、「どっちもどっち」といった状態を迷っているようなものです。


どっちもどっちの49:51の経営判断をする場合、経営者は悩みます。もしくは迷います。

その時に自分で決めないと、51を選択したとても、49を選択したとても、結局、
残り49か51が後悔につながるのだと感じます。これこそがどっちもどっちの状態です。

逆に、9:1のような、明らかにどちらがいいかというような選択肢の場合は、
経営者であればしっかり9を選択するため、基本的には問題にはなりません。


そして僕は、クライアントに対していくつかの異なる角度の視点を与えて
自分で決められるように背中を押してあげることが、コンサルタントとしての役割だと考えています。

すると、49と51のどちらを選んだとしても、自分の判断で選んだので納得感が生まれます。
そしてその選んだ方が結局良かったという理由が、後から付いてきます。

これって、本当はどっちもどっちというよりも、自分で決めたら「どっちもいい」んですよね。
そのために、僕たちコンサルタントはいるんだと思います。
経営者の多くは、人に決めてもらうよりも、自分で決めたいんです。
だから従業員という立場を捨てて、茨の道を進むんですよね。


さらには、実は、9:1であっても迷うことが実際にはよくあります。
それは、その問題にどっぷりつかってしまって客観的に見ることができず、
9をしっかり判断できない状態です。

そのときこそ、僕の出番です。
その問題が、客観的にどのように見えているか、その視点を提供することでクライアントに、
自分にとっての9をしっかり認識してもらいます。
そのために、僕は存在するのだと思います。


税理士である僕は、クライアントが納得して決断し、思い切って前に進めるよう、
客観的に見ることの出来るスキルをしっかり身につけたいと思います。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.