• TOP
  • ビジョンと真剣に向き合い、その機能を発揮する!

ビジョンと真剣に向き合い、その機能を発揮する!

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「ビジョンに真剣に向き合う」

という機能について説明いたします。


先日、カフェで仕事をしていたときのことです。

右隣で、学生カップルが真剣に議論していました。
男性は、どうも大学生の間に会社を設立するらしい。
そして、神戸にある団体(よく分からなかった)のリーダーになって、
神戸か、関西を盛り上げていくらしい。
で、それをするには、どうも目標が必要で、テンションが高ぶっていないと、
正しい目標が立てられないとのことでした。

個人的には、「神戸か、関西」ってえらいざっくりやな!
と突っ込みたくはなったんですけど、そこは学生の発言です。触れないでおきましょう(・∀・)。

さらに、左隣では、僕よりも少し年配の男性が、なにやら法律系の資格勉強をされていました。
結構集中して勉強されていたので、昔僕が税理士の勉強をしていた頃を思い出しました。
実は資格の勉強よりももっと難しいのが実務や、なにより会社経営なんだと、
後で改めて思い知らされるんですけど…(T_T)


こうやって自分のやりたいことに、真剣に考える時間を、
彼らがどれくらい持っているだろうと考えたときに、
先日の続きですが、5年後日記の機能について改めて考えさせられました。

僕自身1日のうち、ビジョンに向き合う時間、つまり日記を書く時間は5分かもしれません
(後はメルマガにおおよそ30分くらいかかっています)。
しかし、それは5分×4,600=383時間向かい合ってきたといえます。
さらには、毎日考える中で、自分の5年後がどのようなものか、
アンテナを高く立てていくことができているといえます。
この日記がなければ、ここまで自分の夢を叶え、さらに5年後のビジョンに向けて
ずっと進んでいくことはできなかったのではないかと思っています。

日記を書くという習慣があるからこそ、失敗しても行動できるんですよね。
そうすると、それは単なる失敗ではなく、単なる成功へのプロセスの1つになるんだと思います。


税理士である僕は、この、ビジョンを真剣に向き合うという姿勢を周りに示すことが必要だと思います。
その上で、ビジョンの機能を実感してもらうことが大切だと思いました。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.