• TOP
  • 周りにおもねるのではなく、真意を自信をもって語る。

周りにおもねるのではなく、真意を自信をもって語る。

毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。
登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。

メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所



今日は、

「有言実行」

という機能について説明いたします。


この間、古い本を整理していて、僕が診断士を勉強していた頃に読みあさった
ドラッカーの本の塊を見つけ、改めて手に取って思い切り胸に刺さった言葉がありました。
少し長いですが、引用します。

(ここから)

 リーダーシップについて言える第三のことは、リーダーシップとは信頼を得るということである。
信頼がない限り、従う者はいない。
そもそもリーダーについての唯一の定義が、つき従う者がいることである。
信頼するということは、リーダーを好きになることではない。
常に同意できることでもない。リーダーのいうことが真意であると確信できることである。
それは、真摯さという真に古くさいものに対する確信である。
リーダーが公言する信念とその行動は一致しなければならない。少なくとも矛盾してはならない。

 もう一つ、リーダーシップについて古くから明らかになっていることは、

それは、賢さに支えられるものではなく、真摯さに支えられるものだということである。

実践する経営者―成果をあげる知恵と行動 201ページ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4478300674/vespa100-22/


僕自身がリーダーになろうと思ったと言うことではありませんが、
ここで一番胸に刺さったのは、

リーダーが公言する信念とその行動は一致しなければならない。少なくとも矛盾してはならない。

という点です。
メルマガでこうやって理想の税理士像について毎日皆さんに宣言していますが、
その時に、自分が、その目指す理想の税理士像に本当に少しずつでも近づいているか、
つまりこのメルマガと自分自身の行動が一致しているかということに、改めて深く考えさせられました。

しかも、これを買ったのがまさに税理士を目指そうとしてSEを辞めたときでした。
そして、まさにここにマーカーを引いてるんです(^^;)。
その当時も同じようにここを課題に感じていたってことは、
この10年以上全く成長していないってことでしょうか…(T_T)


税理士である僕は、自分自身が今、税理士やそして自分の事務所の経営者として活動する中で、
単なる人気取りではなく、

リーダーのいうことが真意であると確信できること

をどれだけ自信を持って語れているかと言うことを、改めて意識していきたいと思います。

Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.