メイン画像

コンサルティング

実現可能な事業計画書を、クライアントと一緒に作成し、その事業計画書を元に融資を取り付けます。
さらには、実際に計画書通りにビジネスを行えるよう、Plan→Do→See→Actionのサイクルを、数字の面からサポートすることで、クライアントの「成功」のお手伝いが出来るように全力でサポートします。
EMPと言う言葉の由来に込めた、私の一番の使命であり、一番の私の強みです。

行政書士

税理士の領域だけではサポートできない、株式会社など法人の設立や、建設業や宅建業などの許認可の範疇、事業経営には必要不可欠な事業計画書の作成や融資の支援など、企業経営の周辺業務として重要な範疇のお手伝いをいたします。

税務・税務顧問

企業経営になくてはならない税務・会計の分野において、月々の試算表、決算書の作成から、法人税、所得税、消費税などの申告、そして年末調整などの業務についてもトータルでお手伝いいたします。 また、相続税の申告についても、行政書士とのダブルライセンスを活かし、相続税の申告だけでなく、戸籍謄本の収集、相続の手続きが発生する業務についても、一括で請け負います。

あべき 光司

あべき 光司

はじめまして。
私たちは、empowerant、つまり「力を与える人」という言葉に込められた思いを常に胸に抱き、日々クライアントのビジョン実現のお手伝いをしています。
全てのクライアントに対して、単なる税務顧問というおつきあいだけではなく、共に成長していくパートナーとしておつきあいができるのが私たちの望みです。
そういう意味で言うと、単に記帳代行だけお願い”だけ”できればよかったり、税務や社会保険の処理”だけ”お願いしたいと言うような方からすると、余計なお世話なのかもしれません。
しかしながら、私たちとのコミュニケーションを通して、お金の不安から解消されて、社長のやりたいことにフォーカスしたい!と言う方は是非お問い合わせ下さい。
なお、EMPはあべき光司の登録商標です。

    ]
  • 物事の裏を常に探る!
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「立体的な知識をもつ」 という機能について説明いたします。 ■ ビジネスパーソン一般に言えることですが、勉強をすることは非常に重要です。 情報や知識を吸収し、それをビジネスや日常生活に活用する事は非常に大切なことです。 その中で特に重要になってくるのが、複数の視点からの立体的な知識を持つということだと思います。 複数の視点とは、例えば需要側と供給側の立場、生産者と消費者、外と中、質と量、それらの立場からの視点のことを意味します。 というのも、1つの事実はそれぞれの立場によって捉え方、捉えられ方がまさに180度異なることが多いからです。 ■ 1つの事実を1つの側面からだけで理解しようとしても、おのずと限界がありますし、もう片方の側面を単に想像するだけでは理解したことにはならないと思います。 例えば税理士の立場でクライアントに接しようとしても、クライアント、つまり相手、の立場に立ってみないと、相手はどう思っているかを理解することは難しいです。 それはクライアントの立場に立って物事を見るということができないという意味でしょう。 結果的に、クライアントに不利益もしくは不愉快な思いをさせることもあるかもしれません。 ■ この間読んだ本の中に、賭けの胴元や法廷弁護士、会計士といった人種を相手にするときは、用心しなければならない。彼らはあなたの知らない秘密を知っている。 だからその気になれば、あなたの無知につけ込んで大金を稼ぐことができるのだ。 とありました(英語の翻訳本なのでここでの会計士と税理士は同義だと考えます)。 もちろん僕は、「あなたの知らない秘密」なんて知らないし、僕の知りうる知識や情報、ノウハウについてはできる限り伝えようとしています。 しかし、弁護士や会計士の中には、実際に「あなたの無知につけ込んで大金を稼ぐ」人がいるのかもしれませんし、そう想像しているクライアントがいるのかもしれません。 ■ そして、税理士である僕は、勉強を行うことはもちろんのこと、さらに、物事には別の側面があることを常に意識しながら、ビジネスを行っていかなければならないと思います。
    • お知らせ
    • 2017/09/19
  • 応援しながら、お互い成長していく
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「たくさんの人に応援されている」 という機能について説明いたします。 ■ コンサルタントも税理士も、僕たちのクライアントと同じ、いち経営者であることには変わりありません。 クライアントは、利益の中からその税理士に報酬を支払います。 僕は、おこがましい表現かもしれませんが、その報酬は単なる作業の下請けとしてではなく、同じビジネスを営む同志として、WIN-WINの関係を築いていきたいと思っています。 もちろん、税理士はクライアントのお手伝い、応援をしていきますが、逆にクライアントからも応援される税理士であるべきだと思います。 税理士が、周りから応援されるようなビジネスを行っていれば、税理士自身も経営者として成長し続けることがでいているでしょうし、またその税理士とお付き合いしているクライアントもまた、よりよい会社経営を行っていけるのではないでしょうか。 ■ 今日、毎年呼んでいただける忘年会に今年も呼んでいただいていることを通して、僕自身がどれだけ応援されているかを改めて感謝しました。 ■ そこで、税理士である僕は、周りから応援されるようなビジネスを行い、クライアントに育ててもらう感覚を常に感じながら、地に足をつけて、一歩ずつ歩いて行きたいと思います。
    • お知らせ
    • 2017/09/15
  • お金儲けだけの税理士とのつきあい方は考える
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「お金儲けのためだけかどうか」 という機能について説明いたします。 ■ 別の税理士から僕の事務所に代わってきたクライアントが、前の会計事務所から言われた言葉を聞いて、ものすごく考えさせられました。 もちろんその会計事務所を不満に思ってこちらに代わってきたので前の会計事務所のことを悪く言うのは当然なのですが、そのクライアント曰く、前の会計事務所から 「お宅の仕事しても、赤字やからなー」 と言われたそうです。 もう20年以上もおつきあいしている税理士さんらしいのですが、そう言われたのがショックで、解約することを決めたそうです。 ■ もちろん、そのクライアントは手間がかかるかもしれません。 もしかしたら、その事務所からクライアントの事務所が遠くて訪問するのにコストがかかるのかもしれません。 しかし、(あくまでクライアント曰くです。向こうの税理士の言い分は聞いていませんが、)もしコストがかかるなら、値上げの要請をしてほしかった。 もしくは、手間を減らすためのリクエストをしてほしかったとのことでした。 ■ 税理士という職業は、社会的意義の高い職業だと思っています。 実際、単にお金儲けのためだけなのであれば、ITの方がよっぽど儲かると思っています。 それでも、僕がITの業界から離れて職業会計人として働いているのは、中小企業のお手伝いがしたい!と本気で思っているからです。 ■ そして、税理士である僕は、このクライアントの発言から学んだことは、 「もしコスト的にしんどいなと思ったら、素直に相談してみる」 ということでした。 もちろん値上げの交渉もそうでしょうし、それだけでなく、やり方の工夫も考えられます。 たとえば、毎月訪問していたのを、隔月にしたり、たとえば毎回訪問するだけではなく、たまには事務所に来てもらったり、書類のやりとりをたまに郵送にしてもらったり。 もちろん、先ほど登場した税理士の言い分を聞いていませんので、あくまで先ほどの言い訳は方便だったのかもしれません。 実はこのクライアントは、その税理士にとってはつきあいにくいクライアントだったのかもしれません。 しかし、僕がそこから学び取ることはたくさんありました。
    • お知らせ
    • 2017/09/14
  • 外部の頭脳(=ブレーン)として、税理士を活用してもらう!
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「他人の頭を借りる」 という機能について説明いたします。 ■ 週末に、はじめ会計士(仮名です(^-^))と来年のアクションプランについて打ち合わせをしました。 はじめさんはキャッシュフローコーチの養成塾のメンバーで、毎回メルマガに感想をいただく方です。 僕と違ってとても素直で前向きな、見習うところだらけの方なんですが、短い時間でしたが彼と一緒にお互いのアクションプランについて深掘りをし、そしてアドバイスをいただきました。 ■ その中で僕は、自分ではなんとなく結論が分かっている心配ごとについて、改めて自分で口に出して、はじめさんに意見を聞きました。 すると、自分では当然分かっているように感じていたことなのに、新しい気付きをもらって、大きな方向性が明らかになって、ものすごくやる気になりました。 それだけではなく、具体的に取り組む事項についても明らかになりました。 なにより新鮮なのは、はじめさんに聴いてもらいながら、他人からアドバイスをもらったという感じではなく、はじめさんの頭を借りて自分が自分自身で考えているという感覚を受けたんです。 ■ 実際に口に出して話して、聞いてくれる人がいるだけでもまた違う答えが見つかることもあります。 それだけではなく、同じ「安心安全ポジティブ」な考え方を持っている人に、しっかり「聴いてもらう」ことができると、こんな感覚になるんだと、ものすごくびっくりしました。 ■ これは、僕が提供している実際のコンサルの場でも同じことが言えると思います。 コンサルを行っている相手であるクライアントは、その道のプロの方ばかりです。 そのプロに対して、何かアドバイスをするというのはどだい無理な要求だと思います。 その中で僕自身が、クライアントに対するパートナーとして、しっかり話を聴きながら、複数の視点をクライアントに提供できるか。 何よりも、キャッシュフローコーチの養成塾で感じた「安心安全ポジティブな場」をどれくらい提供できるか、そしてその重要性を改めて気付かされました。 ■ さっそく昨日のコンサルの場でも、僕が週末はじめさんの頭を借りたように、僕自身がクライアントに頭を使ってもらえるような、そんな感覚を感じながらのコンサルができて、少しいつもと違ったコンサルの場でした。 ■ そこで、税理士である僕は、コンサルティングの場でクライアントに良いアイディアを出してもらえるように、クライアントの外部の頭(=ブレーン)となるべく、常にコンサルティングの技術のスキルアップを図っていく必要があります。
    • お知らせ
    • 2017/09/13
  • 税理士がクライアントから常に謙虚に学ぶ姿勢を持っている かを確認することで、ひいてはクライアント自身の利益に資することになる。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「謙虚に学ぶ姿勢を持つ」 という機能について説明いたします。 ■ コンサルタントや税理士は、先生とよく呼ばれることがあります。 もちろん、 税務や会計については専門家なので、その意味においては先生なのかもしれません。 しかしながらその他については、当然専門家とは言えません。クライアントの方がそのスキルが高い場合も当然ありえます。 いくつもの企業や業態を見ているため、その他の職業よりはより経営に近い考え方を持っているかもしれませんが、それでも、例えば僕のような若手よりも、年配の経営者のほうが当然知識も経験も豊富であり、そのアドバイスの方が僕のそれよりも何倍も価値があることが多いと思います。 それでも僕がクライアントを訪問すると、一応は先生と呼ばれます。 しかし、そこで慢心してしまうと自分自身の成長は完全に止まってしまいます。 少なくとも僕のような若手は、まだまだ伸びしろが沢山あり(逆に言うとまだまだ成長していないということに他ならないのですが)、 先生と呼ばれて慢心することで、その成長を止めてしまうのは非常にもったいないことです。 ■ それはもちろん僕自身のためでもあるのですが、それ以上に僕とおつきあいしていただいているクライアントに対して非常にもったいないからです。 ですので、その成長を止めないためにも、おつきあいしている税理士が謙虚に学ぶ姿勢を持っているかどうかという事を確認することは、なくてはならないチェック機能だと思います。 そして、税理士である僕は、当然クライアントから謙虚に学ぶ姿勢を常に持ち続け、日々成長していくことで、クライアントにそのメリットを還元しなければならないと考えます。
    • お知らせ
    • 2017/09/12
  • ニュースレター32号完成しました
    • お知らせ
    • 2017/09/11
  • 仕事は、当然質と量のバランスが大切!
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「仕事の質と量のバランスをとる」 という機能について説明いたします。 ■ どのような仕事でもそうですが、その得意先に対して、その仕事を満足させる程度の、質と量があると思います。 もちろん、最低限の質と量だけではなく、そのクライアントの期待を上回る質と、さらには量が必要です。 僕がITコンサルタントとして働いてた頃、プレゼン資料、コンサルの報告資料の量が半端なく多かったのを覚えています。 報告するためだけ、体裁を整えるだけのパワーポイントの資料だらけで、実際このグラフに何の意味があるのだろうと、首をかしげるようなものもありました。 しかもそのグラフを作るためだけにかなりの時間がかかりますし、さらには、その根拠となる数字を調べるのに、調査会社からレポートを購入したりするために、結果的に費用もかかります。 もちろん、ある程度の根拠付けが必要なので、そういったコストが不要ということはありませんが、必要以上に内容を詰め込むのは、プレゼンやコンサルの内容に自信のない表れか、単なる自己満足である可能性があります。 量だけあればいいというものでは決してありません。 逆に、会計事務所に転職したときには、クライアントに報告、説明するための資料が少しシンプルだと感じました。 もちろん、会計事務所でも、コンサルタント会社でもそれぞれの会社で差があると思いますが、少なくとも会計事務所であっても、ある程度の資料の質は担保すべきです。 これは、今から考えるに、プレゼン資料の作成スキルも当然ですが、プレゼンをする側、つまり税理士側の相手に対する配慮が少ないのではなかったのかと思います。 税理士とクライアントの間には一般的に、かなりの知識の差があります。 この差がどれだけ大きいかを想像できていないのではないかと思います。 というのも、僕自身が今年、それに気付かされたことがとても多かったからです。 法人成りと試算表についてクライアントにの説明をしているときに、僕は、そのクライアントの反応を見ながら、その内容をしっかり理解してくれてると思っていたら、実はそのクライアントは本当は理解できていなかったのに、気を遣って頷いてくれていたんだということに気がつき、ものすごく申し訳なく感じたことがありました。 ■ そして、両方の業界を経験し、さらにはクライアントの思いに(今更ながら!)気がついた僕は、ITコンサルタントとして働いていた時の仕事の「量」を忘れることなく、今の仕事の「質」に反映させていかなければならないと思います。
    • お知らせ
    • 2017/09/11
  • 仕事を投げっぱなしにしない
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「期限を区切らせる」 という機能について説明いたします。 ■ 昨日のメルマガで、宣言させると言う機能について、説明いたしました。 その中でも、期限を区切らせると言う機能は非常に有用です。 前回もご説明させていただいたとおり、税務・会計には期限が何点かしかありません。 例えば法人であれば、 (1)法人税、償却資産税の申告期限 (2)年末調整に関する法廷調書の提出期限 (3)労働保険の申告期限 (4)社会保険の申告期限 などがあります。 僕がおつきあいしているクライアントでは、多くが税理士や会計事務所に任せきりになっているケースが多いです。 もちろん僕が関与しているクライアントでは法定期限よりも前に申告、提出を済ませますが、前にお伝えしたような会計事務所もあるようで…。 それに、期限は、それだけではありません。 次回訪問予定や、電話で相談された内容の回答期限、それらについても、僕が以前SEとして仕事をしていたときよりも、会計事務所での仕事は急ぎの仕事が少ないように感じます。 そのため、クライアントが注意していないと、ズルズル先に伸びていく可能性が往々にしてあると思います。 そのため、納税者の側からは、会計事務所に依頼するときは、さりげなく期限を確認してみましょう。 そうすることで、スムーズにクライアント側の仕事も進むと思います。 そして、税理士である僕は、依頼内容に関して、絶対に自分でいつまでにすると期限をつけます。 さらに、長期に渡る依頼、プロジェクトの場合には、中間報告も絶対に行うようにします。
    • お知らせ
    • 2017/09/08
  • 税理士に任せきりにしない
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「宣言させる」 という機能について説明いたします。 ■ 税理士の仕事は、決算や申告時期以外は、「法律的な」締め切りはありません。 クライアントは、ものすごく単純に言うと、税金を申告して納付しなければならないから、税理士と契約して定期的に仕事を依頼しています。 実際はそうでない税理士の先生や、依頼者である納税者の方もいらっしゃるかもしれませんが、少なくとも僕たち税理士の立場から言うと、この点をしっかり自覚しておかなければならないと思います。 ■ と言うことは、税理士は、クライアントがしっかりコントロールしなければ、ついつい仕事が遅くなるおそれがあります。 たとえば、毎年3月15日までに申告しなければならない所得税の確定申告書ですが、所得税の税額を計算した結果、税額が0円であったり、還付になることがわかっている場合、その申告を遅れさせる税理士がいます。 実際、サラリーマン不動産の申告書で、毎年6月に還付の申告書を提出しているのを見たことがあります。 ■ この例であれば、納税者に不利益にはなりませんが、ほかの納税者の例では、ある年、その納税者は本業が忙しくて確定申告の準備が遅れていました。 そのせいで、毎年依頼している税理士への連絡が遅れ、そのせいで確定申告書の申告期限ぎりぎりに納税者から連絡したところ、なんと連絡が遅れたため今年の申告をしてくれなかったそうです。 もちろん連絡が遅れた納税者が第一義的には悪いのかもしれません。 ■ しかし、僕の「普通」であればこのように考えます。 つまり、その税理士は仕事を毎年受注しているのですから、その納税者が今年も仕事を依頼してくれるのは容易に想像がつくはずです。 であれば、年に一回の関与であっても、事前に仕事を受注する税理士から、その納税者へ連絡をすることができたはずです。 と言うことは、今回このようになったのは、税理士の怠慢です。 ■ もっと悪い例では、報酬を決めずに仕事をして、後になって高額な報酬を請求する税理士も知っています。 ですので、税理士に仕事を依頼するときには、仕事の締め切りや提出を「宣言させる」必要があります。 税理士に、日程や締め切り、その仕事の品質を宣言させる。 そうすることで、税理士の仕事をコントロールして、安心して本業に専念できると思います。 もちろん、その税理士に対して上から偉そうに宣言「させる」必要はありません。 いつ頃になるか、聞けば良いだけですよね。 ■ コンサルの仕事であっても全く同じ事が言えます。 コンサルの場合は、クライアントから成果物を望まれて提出することが基本的です。 しかも、この成果物とは単なる資料ではなく、クライアントの「問題解決」自身が成果物です。 ということは、たとえクライアントが、こちらが依頼した宿題をやっていなかったとしても、「やらせられなかった」こちらが悪いんです。 もっとシビアに、やらせる仕組みが必要です。 ■ そして、税理士である僕は、逆の立場から考え、「宣言する」と言うことを意識しなければなりません。 一年間の流れ、訪問する、もしくは訪問していただくタイミング、必要な書類、そして報酬、作業の範囲、やること、やらないことを、かならずクライアントに宣言して共有していただくことを意識しなければなりません。
    • お知らせ
    • 2017/09/07
  • 税理士が、どこに向かっているのか興味をもって聞いてみる。
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「将来に投資する」 という機能について説明いたします。 ■ コンサルタントや税理士も利益を追求する企業の1つであることには変わりありません。 もちろん、その社会的意義を考えるとただ単に利潤を追求する企業とは多少異なるかもしれませんが、それでも、ボランティアでもないことは確かです。 そのために税理士は、自分の会社のために将来に対して投資をする必要があると考えます。 例えば、税理士の資格を取ったところで、それはあくまでスタートでしかありませんし、税務に関する知識すら、毎年更新されます。 ということは、何もしないことは後退でしかないとも言えます。 さらに、それは同時に、お付き合いいただいている、応援していただいているクライアントのために、常に投資を行うことでより良いサービスを提供すると言う意味でもあります。 そう言う意味で、そのおつきあいしている税理士が、今からどの分野に時間やお金を投資し、どのような新たなサービスを提供しようとしているか、しっかり聞くことで理解する必要があると思います。 そして、逆に僕は、今どこに向かっているのか、向かおうとしているのかを常に意識し、クライアントに堂々と語れるようにしておかなければなりません。
    • お知らせ
    • 2017/09/06
  • チェックがうまく働く仕組みを実現する そのコストをクライアントのみに負担しない
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「複数のチェックが入る『仕組み』」 という機能について説明いたします。 ■ 会計事務所は、基本的に自分一人で仕事をします。 そのため、注意していかないと自分の間違いに気がつかないことが少なくありません。 例えば、会計事務所の職員と、その所長である税理士先生のチェックが入ることもありますが、そのチェックもどれだけ正確に機能しているかと考えると、個人的な感想から言うと、約半分ぐらいしか正確に機能していないのではないでしょうか。 そこで、会計事務所が組織としてクライアントをサポートしていくと言う意味においては、複数の目が入る「仕組み」が必要不可欠になると思います。 先ほど述べた税理士と職員とのチェックのような曖昧なものではなく、「仕組み」や「ルール」という形で、適切に運用されていなければなりません。 そのために、チェックリストなどの仕組みを作り、作るだけでなく、適切に運用されているか、税理士とおつきあいする場合は、その点も意識しておくと、税理士とうまくおつきあいできると思います。 ■ と言うわけで、僕は、その複数の目が入る「仕組み」を作ります。 例えば、以前働いていた会計事務所では、月々の巡回に行く担当者と、決算を行う担当者が異なっていました。 このチェックは、正直コストがかかる事は否めません。 しかしながらこれと同様のチェック体制を敷く事は可能です。 さらに、コストをあまりかけないことでクライアントに負担をかけない形で、よりベターなチェック体制を敷くことが可能になると思います。 しかし、少なくとも、そのチェックがかかるためにコストが増えることをクライアントに伝える事は間違っていると思います。 なぜならば、複数の目でチェックを入れるためにコストがかかるのは、こちら側の都合であり、クライアント関係ないからです。 得意なITを活用して、コストをかけずにチェックを入れる仕組み作りをおこなっていきたいと思います。
    • お知らせ
    • 2017/09/05
  • 受け売りだけの専門家は説得力がない
    毎日発行しておりますメルマガ「税理士のトリセツ」の中で反響が多かったものだけを厳選してブログでご紹介させていただきます。 登録いただくことで、税理士の本当の活用方法を知ることができます。是非ご登録下さい(^-^)。 メールマガジン登録画面 | EMP税務会計事務所・行政書士事務所
    ■ 今日は、 「自身の語彙を持つ」 という機能について説明いたします。 ■ 税理士は税務・会計の専門家でありますが、それだけではなく、一経営者でもあると思います。 もちろん、会計事務所の職員がクライアントを担当して、訪問する場合もありますが、それでも、経営者である皆さんと対峙するのですから、単なる税の専門家だけでは済まされません。 ■ 経営コンサルタントとしても、パートナーとしてクライアントと接する中で、単なる専門家ではクライアントの気持ちが理解できないのではないでしょうか。 ■ 最近は、レシートをカメラで撮れば会計データを生成してくれるアプリすらあるくらいですし、単に、経理処理が速いとか、何かに詳しいといったメリットは、今の時代Googleで調べれば事足ります。 ですので税理士、会計事務所はそれ以上のメリットをクライアントに提供しなければなりません。 ■ そして、経営者であるならは、自分自身の言葉を持たなければならないと思います。 単に、本で聞きかじった、もしくは誰かから聞いた言葉では、それこそ、プロの経営者であるクライアントと、お付き合いすることはできないと思います。 本を読んで、セミナーに参加して、もしくは他人から直接話を聞き、そしてその内容を自分の中で消化して、そして自分の言葉に昇華させる。 自分の言葉になるからこそ、人に語ることができるのであって、その言葉に説得性を持つのだと思います。 ■ そこで、経営者である僕は、まず本やセミナー、そして多くの人と会うことでたくさんのことを勉強していく。 そしてそれは最低限の話であって、こういったメルマガや、セミナーや出版などで、自分の言葉として昇華していく作業を常日頃行っていきながら、自分の血肉にしていかなければならないと思います。 そのための第一歩が、この「トリセツ」だと思います。
    • お知らせ
    • 2017/09/04
Copyright ©EMP税務会計事務所・行政書士事務所 All Rights Reserved.